Fandom


「どっちにしろ、俺は帝国と戦えりゃそれで満足…」
―オーヴェクの最期の言葉[出典]

オーヴェク(Orvek)は人間男性で、ジェダイパダワンフェレン・バー信奉者の1人である。クローン戦争終結して間もない頃、銀河帝国の中継基地建設のため土地を奪われ、住む場所を追われたオーヴェクは、帝国の圧政に立ち向かうためバーの仲間になった。18 BBY、オーヴェクは惑星モン・カラ帝国の潜水艇戦った際に命を落とした。[1]

制作の舞台裏

オーヴェクは2018年に発売された正史コミックスター・ウォーズ:シスの暗黒卿 燃える海原』(チャールズ・ソウル作、ジュゼッペ・カムンコリ画)で初登場を果たした。本作の翻訳版単行本は、シリーズ前編との合本で、2019年ヴィレッジブックスから『スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 潰えた遺産/燃える海原』というタイトルで発売された。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。