Fandom


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

カジェインサニクト[1](Kajain'sa'Nikto)、別名赤ニクト(Red Nikto)は、ニクトの亜種の中でもっとも一般的な種。

特徴

惑星キンタン出身のカジェインサニクトは、エンドレス・ウェイスト(果てしない荒野)とも砂漠地域、ワンスコックで生き延びるために進化を遂げた。彼らの額は隆起しており、目の周りに8つ、あごにふたつの小さな角を持っていた。カジェインサニクトの鼻は皮膚のはためきで動く半透性の膜によって覆われ、隠れていた。これにより、彼らは砂やほこりを吸わずに呼吸することができるようになっていた。さらに、カジェインサニクトは首の両側に対の呼吸膜があり、汚染物質をろ過して蒸発した水蒸気を吸収する仕組みになっていた。彼らはこの膜のおかげで、砂漠で暮らしながらも、飲料水の需要を最小限に抑えていたのである。カジェインサニクトが口を平らにする行為は、彼らの笑顔に相当する。

赤ニクトという別名があるにも関わらず、青い肌のカジェインサニクトが存在することが知られている。

ボックやその他のモーグカイの戦士たちもこの種に属した。

制作の舞台裏

ビデオゲーム『スター・ウォーズ ジャンゴ・フェット』では、カジャイン・ザ・ニクトとされている。

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『週刊スター・ウォーズ ファクトファイル: 第10号』に基づく。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。