Fandom


「覚えておいて。あたしみたいな人間はごろごろいる。だからあんたの船はこれからも襲われ続ける」
―カナ[出典]

カナ略奪団(Q'anah's Marauders)はナブー危機以前にセネックス=ジュヴェックス領域や大セスウェナ領域で暴れ回った海賊グループ。リーダーはブレンタールIV出身の女海賊カナだった。ヤヴィンの戦いの約46前、カナ略奪団は辺境域保安軍ラナルフウィルハフ・ターキンに敗北し、壊滅した。

歴史

銀河共和国時代の後期、のちに略奪団の指導者となるカナは、もともとエレジン家の末息子の愛人として道楽的な海賊行為に参加していた。しかし愛人が逮捕され、カーフェディオンで処刑された後、彼女は略奪団を率いて復讐を開始し、セネックスおよびジュヴェックス宙域で暴れ回った。カナは2回捕まったが、エレジン家との繋がりのおかげで死刑を免れ、2度とも部下に救出されて脱獄した。ジュディシアル・フォース宇宙船を6隻破壊した後、銀河共和国がカナの首に多額の懸賞金をかけたため、略奪団は大セスウェナ領域に移ることになった。[1]

共和国のジュディシアルアウター・リム・テリトリーの大セスウェナに姿を現すことはほとんど無かったが、この領域はエリアドゥの自衛組織である辺境域保安軍によって防衛されていた。略奪団がエリアドゥ・マイニング・アンド・シッピング社ロマイト輸送船団を襲撃して利益を上げていた頃、保安軍の海賊対策本部に属す若きウィルハフ・ターキン少尉がカナの攻撃パターンを見破った。略奪団はウィルハフとラナルフ・ターキンの部隊に待ち伏せされて敗北し、カナとその手下たちは残忍な方法で処刑された。[1]

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。