Fandom


カララン(Kalleran)は惑星カラーに起源を持つ背の高い知覚種族である。

生態と特徴

カラランはヒューマノイド型の体格の知覚種族で、緑の肌に黒い縞模様が入っていた。目も緑色で、鼻に相当する部分は平旦になっており、側頭部や後頭部に大きなヒレのような器官があった。彼らの手と足の指は3本で、日常生活を送る上で靴を必要としなかった。[1]

歴史

Janus Kasmir

ジェイナス・カスミア

クローン戦争中、カラランの故郷である惑星カラー独立星系連合によって支配され、カラランの村は労働力や資源の搾取を受けた。連合軍クリーヴ将軍とその部隊はガマット・ケイという名のカラランに駐屯の費用を払わせていた。19 BBYジェダイ将軍デパ・ビラバパダワンケイレブ・デューム率いる共和国グランド・アーミーがクリーヴ将軍に勝利し、分離主義勢力をカラーから追い払った。ビラバはケイのもとを訪れ、カラランの民はもはや分離主義者について心配する必要はないと請け合った。しかしケイや他のカラランは共和国と分離主義者のどちらがカラーを支配しようが違いはないのではないかと疑っていた。それから間もなくオーダー66が発令され、ビラバがクローン・トルーパーに殺された後、カラランのジェイナス・カスミアはケイレブ・デュームの逃亡生活に力を貸した。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。