Fandom


「これはマスターさえ見せてくれない宇宙の内部のごくごく内輪な秘密ね。フォースが見せてくれる最も深くして、最も暗い秘密だわ。宇宙はユーモアのセンスがある、ってこと」
―カリスタ・ミング[出典]

カリスタ・ミング[1](Callista Ming)は、もともとカリスタ・マサナ(Callista Masana)という名で知られた惑星チャド出身の人間女性で、銀河共和国後期のジェダイ・ナイトである。クローン大戦で活躍した。彼女はジェダイの大粛清の初期段階を生き延び、惑星ベルサヴィスにいた他の生存者と接触した。彼女は愛人のガイス・エリスとともに銀河帝国超兵器アイ・オブ・パルパティーン>の破壊しようとしたが、この試みは失敗に終わり、ふたりとも殺されてしまった。しかし、彼女の精神だけはコンピューター内に残り続け、<アイ・オブ・パルパティーン>が作動しないよう、帝国を妨害し続けた。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。