カリストVI(Kalist VI)は銀河系ディープ・コア領域に属す惑星である。[1] 帝国時代、この惑星には銀河帝国の流刑植民地が置かれていた。のちに反乱同盟軍パイロットとなるダック・ラルターはカリストVIの植民地で政治犯の両親のもとに生まれた。ラルターは故郷から脱出して同盟軍に加わったが、ホスの戦いで戦死する。[2]

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。