Wookieepedia
Advertisement

「私たちはここでは救済者じゃない。生存者よ」
―カリファ[出典]

カリファ(Kalifa)は惑星コレリア出身の人間女性で、銀河共和国末期のジェダイ・イニシエイトクローン戦争中、彼女はトランドーシャンのハンターたちに捕まり、残忍な狩猟ゲームの獲物として衛星ワスカーの小さなに捨てられた。長いあいだハンターたちから逃げ回りながら生活するうちに、彼女はジェダイとしてあるべき姿を見失ってしまった。しかし、彼女はジェダイ候補生の仲間オ=メアジンクスの安全を守るため、強いリーダーであろうと心掛けていた。

経歴

「私たちはトカゲ野郎のお楽しみに使われてるの。狩りの獲物として狩り立てられるために捕まった」
―カリファ[出典]

コレリアンのカリファは銀河共和国時代末期に生まれ、ジェダイ・オーダーに加わった。彼女はジェダイ・イニシエイトとしてフォース訓練を受けたが、パダワンに昇格する前にトランドーシャンのハンターに捕まり、衛星ワスカーへ拉致された。ガーナック率いるトランドーシャンの狩猟ギルドは、銀河系各地で捕まえた丸腰の知的生命体をこの島に捨て、毎日朝が来ると残酷な殺戮ゲームを開始した。カリファは島で最も長く生き延びていたジェダイで、後からやってきたオ=メアジンクスとチームを組み、居場所を転々としながらハンターの追跡をかわした。トランドーシャンと戦って脱出を試みたパダワンもいたが、生き残った者は1人もいなかった。

戦争中、トグルータのジェダイ・パダワン、アソーカ・タノがカリファたちの島へ連行された。カリファはタノをチームの仲間に加え、この島で生き残りたければ民間人の捕虜を助けようなどと考えてはいけないと諭した。カリファはトランドーシャンへの抵抗を諦めていたが、タノはジャングルを歩いていたハンターのロ=ターレンを攻撃し、カリファたち3人の助けを借りつつも、丸腰で勝利を収めた。その際、カリファは怒りのあまりロ=ターレンをフォースで絞め殺そうとしたが、タノに制止された。3人のジェダイ候補生はパダワンの行動を見て勇気を取り戻し、ワスカーから脱出するための作戦を練った。

カリファの最期

パダワンと候補生たちはトランドーシャンの基地を探すことにしたが、どこを探しても狩りの拠点が見つからなかった。4人が途方に暮れていた時、オ=メアは頭上から巨大な要塞が近づいてきていることに気づいた。トランドーシャンの基地は地上ではなく空にあったのである。若きジェダイはカリファとタノ、ジンクスとオ=メアの二手に分かれ、ハンターのホバー・ポッドから逃げ回った。逃走中、カリファは回転式レーザー砲の攻撃で樹上から落下し、トランドーシャンの格好の標的になってしまった。狩猟ギルドのリーダーの息子、ダーがジェダイを殺して名を挙げようとしたが、タノが格闘戦で彼を地面に突き落とした。ダーは地上から突き出た植物に胸を貫かれ、絶命する。タノは負傷したカリファに肩を貸し、他の仲間のもとへ戻ろうとしたが、息子を殺された怒りに燃えるガーナックが遠距離からカリファを狙撃した。カリファはジンクスとオ=メアを最後まで見守ってほしいとタノに告げ、息を引き取った。

人物

カリファ

「あなた誰よ?」
「かつてのジェダイ候補生よ」
―アソーカ・タノとカリファ[出典]

惑星コレリア出身のカリファは、黒い髪と茶色の眼を持つ人間女性である。肌は薄褐色で、身長は1.72メートルだった。ワスカーでサバイバル生活を送っていた時、カリファは強いフォース感応力を保っていたが、恐怖と絶望のせいで戦う勇気を失っていた。アソーカ・タノと出会った時、彼女はジェダイとしての理想を失いかけており、トランドーシャンのハンターをフォースで絞め殺そうとした。

登場作品

参考資料

他言語版
Advertisement