Fandom


類似した名称の記事はカリーナ(曖昧さ回避)を参照
「何やら恐ろしげな昆虫ですな」
クローン・コマンダーコーディ[出典]

カリーナ・ザ・グレート(Karina the Great)は銀河共和国末期にジオノージアンハイヴを支配していた女王ブレイン・ワームを使って他者をマインド・コントロールすることができた。クローン戦争中、ジェダイのチームがプロゲイト寺院を襲撃した際に命を落とす。

経歴

「我が帝国は未来永劫不滅!」
―カリーナ・ザ・グレート[出典]
Karina hall

カリーナ女王と会話するポグル・ザ・レッサー大公

ジオノージアン女王カリーナ・ザ・グレートは惑星ジオノーシスプロゲイト寺院の地下にあるカタコンベに隠れて生活を送り、地上に姿を現すことはなかった。彼女はブレイン・ワームで他人を操ることができ、死んだジオノージアンの肉体を操って不死身の戦士に仕立て上げていた。ジオノージアンの分離主義勢力を率いるポグル・ザ・レッサー大公もカリーナ女王に仕えていた。

クローン戦争中、ジオノーシスで2度目となる戦いが発生した時、ジェダイ・マスタールミナーラ・アンドゥリクローン・トルーパーバズがポグル大公を追ってプロゲイト寺院にやって来た。ジェダイをマインド・コントロールで操るため、カリーナは不死身の戦士を使ってアンドゥリを生け捕りにした。カリーナはアンドゥリを救出するため駆け付けたオビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーも捕まえようとしたが、クローン兵の攻撃でカタコンベの天井が崩落した際、ゾンビ戦士と一緒に瓦礫の下敷きになってしまった。その後、カリーナを失ったブレイン・ワームは新しい主人を求めて共和国のクローン兵を襲撃した。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。