Fandom


カンドヴァント(Candovant)は銀河系惑星エンドアの戦い皇帝シーヴ・パルパティーンが死んだ後、銀河帝国はカンドヴァントをシンダー作戦の標的のひとつに選んだ。エンドアの戦いから30が過ぎた頃、カンドヴァントは新共和国に加盟しており、ジグリ・ブラス議員銀河元老院に派遣していた。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ:砕かれた帝国』では「Cadovant」と誤表記され、翻訳版でもそれに合わせてケイドバントと表記されている。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。