カーボナイト(Carbonite)は炭素ガスからつくられる液状の物質で、急速冷凍にかけると固体に変化した。カーボナイトはカーボン凍結と呼ばれるテクノロジーに用いられ、不安定な物質の保存に役立てられた。また、生き物をカーボナイトのブロックで凍結して冬眠状態にすることもできた。ハイパードライブが発明される以前、一部の宇宙旅行者は長期の航海のためにカーボナイトを利用した。しかしこのテクニックには、“冬眠病”と総称される悲惨な副作用が伴った。

DLC-13採鉱ドロイドをはじめとする一部のドロイドは、熱に耐性のあるカーボナイトのボディを持っていた。

歴史

クローン戦争中、ジェダイオビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカー第501軍団クローン・トルーパーたちは生命反応スキャナーによる探知を逃れるため自らカーボン凍結にかかり、独立星系連合によって封鎖された惑星ローラ・サユー潜入した。[2]

銀河内戦中の3 ABYシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーは実の息子であるルーク・スカイウォーカーをカーボナイトで凍結し、皇帝シーヴ・パルパティーンのもとへ連れて行こうと考えた。ヴェイダーは惑星ベスピン執政官を務めるランド・カルリジアンに命じ、密輸業者ハン・ソロを使ってクラウド・シティカーボン凍結室の実験を行った。カーボナイトで凍結されたハンは賞金稼ぎボバ・フェットへ引き渡され[1]、惑星タトゥイーンジャバ・ザ・ハット宮殿へ運ばれた。[3]

登場エピソード

カーボナイトで凍結されたクローン・トルーパーたち

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。