Fandom


「粗末な設備だ。しかしスカイウォーカーを皇帝のもとへ送り出すために凍らせるくらいのことはできるだろう」
ダース・ヴェイダー[出典]

カーボン凍結室(Carbon-freeze chamber)は物質をカーボナイト凍結するために使われる設備である。惑星コルサントジェダイ・テンプルベスピンクラウド・シティにこの種の施設があった。クラウド・シティでは、不安定な高圧のティバナガスを安全に保存・運搬するため、カーボン凍結室を用いてティバナをカーボナイト保管リパルサー・スレッドに貯蔵していた。ホスの戦いの後、銀河帝国に捕まった密輸業者ハン・ソロは、クラウド・シティの設備でカーボン凍結にかけられた。凍らされて冬眠状態になったハンは賞金稼ぎボバ・フェットに引き渡された。またその直後には、シスの暗黒卿ダース・ヴェイダージェダイルーク・スカイウォーカーが同じ設備でライトセーバー対決を繰り広げた。

概要

CarbonFreezeControls-TC

凍結室の制御盤

カーボン凍結室は、高圧ガスなどの不安定な物質をカーボナイト凍結するために使われる設備である。[3] また、稀にこの設備が人間などの生き物の冷凍に用いられることもあった。[1][2] ガス巨星ベスピン大気圏高層に浮かぶ採鉱コロニー、クラウド・シティでは、カーボン凍結室とベスピン・モーターズ社カーボナイト保管リパルサー・スレッドを使ってティバナ・ガスの貯蔵が行われていた。クラウド・シティの内部には未安定のティバナを蓄えるリアクター・シャフトが複数存在し、各シャフトの中にあるガス加工ベーン内にカーボン凍結室が設けられていた。クラウド・シティの凍結室では、凍結されたカーボナイト・ブロックはそのまま加工ベーンの下部へと運搬されるしくみになっていたが、検査や新たな顧客への宣伝用に、サンプル・カーボン・スレッドをその場で引き上げる回収トングも備わっていた。カーボン凍結室を始め、ベスピンの危険なガス採掘および加工現場では惑星ジェンティス出身のアグノートたちが働いていた。[3]

歴史

MP-Duel5

カーボン凍結室の対決

クローン戦争中、独立星系連合によって封鎖された惑星ローラ・サユー潜入するにあたり、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーは部隊のメンバーをカーボン凍結にかけて生命反応を消す作戦を思いついた。アナキン、ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービパダワンアソーカ・タノ第501軍団クローン・トルーパーたちは、ジェダイ・テンプルにある施設で自らカーボン凍結にかけられた。[1]

3 ABYホスの戦いの直後、ベスピンで銀河帝国に捕まった反乱同盟軍ハン・ソロは、クラウド・シティのガス加工ベーン内にある施設でカーボン凍結にかけられた。凍結されて冬眠状態になったハンは、賞金稼ぎボバ・フェットに引き渡され、ハンの首に賞金をかけている犯罪王ジャバ・ザ・ハットのもとへ運ばれた。その後、シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーはカーボン凍結室で実の息子ルーク・スカイウォーカーを待ち受け、ライトセーバー対決に臨んだ。[2]

登場エピソード

参考資料

MCQ-bespinduel

ラルフ・マクォーリーによるコンセプト・アート

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。