Fandom


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

カーマス[1](Caamas)はコア・ワールドシリアス星系に属した湿地の惑星恒星シリアスの2番目の軌道を周回していた。平和を好む種族カーマシ出身惑星だった。クローン大戦の直後、銀河帝国はカーマスを爆撃し、大勢のカーマシもろとも惑星の生態系を破壊した。新共和国の時代、カーマシは故郷に難民都市を設立し、再入植を行った。また、カーマスはシス=帝国戦争最後の戦いの戦場になった。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。