Fandom


カーラ・サフワン(Kara Safwan)は人間女性で、ラング・クランに仕えるスパイである。10 BBY当時、サフワンはクリムゾン・ドーンの違法行為に関する情報収集を行っていた。

経歴

帝国時代人間女性のカーラ・サフワンは犯罪組織のラング・クランスパイとして仕えていた。10 BBY、サフワンはライバル組織クリムゾン・ドーンの違法活動に関する情報を収集するため、ドライデン・ヴォスヨットファースト・ライト>に乗り込んでいた。サフワンはヨットの喧騒にすっかり溶け込んでいたが、ヴォスのコンシェルジュを務めるマーゴはサフワンが何か企んでいるのではないかと疑っており、彼女がこれ以上深くヴォスの側近グループに潜り込まないよう妨害していた。[1] 若きハン・ソロチューバッカトバイアス・ベケットに連れられて<ファースト・ライト>にやってきた日も、サフワンはこのヨットに乗り込んでいた。[2]

個性と特徴

カーラ・サフワンは人間の女性で、肌は白く、は茶色だった。<ファースト・ライト>に乗り込んでいた時、サフワンは黒と金のドレスを身にまとい、ヴァンドアの氷が入ったフラスクで集中力を保っていた。[1]

制作の舞台裏

カーラ・サフワンは2018年公開の映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。キャラクターの設定や名前はパブロ・ヒダルゴによる設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』で明かされた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。