Fandom


「知ってたか、フェンボルト。トラスクは昔、支配階級の中でも一番汚いやつらだけの音楽だったんだとよ。音の周波数が高すぎて、カーヴァシアンにしか聞こえなかったらしいぞ」
フェンボルトに対し、クライ・パステイラ[出典]

カーヴァシアン(Karvathian)は高周波数をの音を聞くことができる知覚種族である。彼らはトラスクと呼ばれる音楽を造ったが、旧共和国時代には高い周波数でしか演奏されていなかったため、カーヴァシアン以外の種族には聞こえなかった。そのため当時のトラスクの記録音声のほとんどは、何も録音されていないと思われ、記録保管係によって捨てられてしまった。[1]

3 BBY惑星カントニカワンダリング・スターの犯罪者クライ・パステイラ主催によるオークションが開かれた際、カーヴァシアンのトラスク・セプテットが演奏を行っていた。オークションのさなか、パステイラはカーヴァシアンやトラストの歴史をドロイドフェンボルトに語って聞かせた。[1]

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。