Fandom


ガファーキー・レンズウィン(Gafferky Lenzwin)はハイロティ・アセンブリ・サービス社に所属した男性のセールスマンである。10 BBY当時、ビジネスで惑星コレリアを訪れていた。

経歴

帝国時代、ガファーキー・レンズウィンはハイロティ・アセンブリ・サービス社のセールスマンとして働いていた。10 BBY当時、レンズウィンは仕事でコア・ワールド惑星コレリアに滞在していたが、コロネット・シティの汚染レベルが健康を脅かすほどに高かったため、一刻も早くこの惑星を立ち去りたいと考えていた。[1] コレリアンの若者ハンキーラレディプロキシマのもとを逃げ出してコロネット宇宙港にやってきた日[2]、レンズウィンは結局コレリアで何も売らないまま立ち去るという、自らのキャリアを危険にさらす行動に出た。[1]

個性と特徴

レンズウィンはヒューマノイド型の体格の男性で、産業惑星の大気の汚染度を気にする心気症だった。彼は自分の健康を心配するあまりセールスマンであるにもかかわらず何も売らないままコレリアを離れる決心をした。コロネット宇宙港にて、レンズウィンはフィルター織りの自然環境用保護覆いを身に着けていた。[1]

制作の舞台裏

ガファーキー・レンズウィンは2018年公開に公開された映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するモブキャラクターの1人である。キャラクターの名前は映画の設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』(パブロ・ヒダルゴ著)で明かされた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。