Fandom


ガマット・ケイ(Gamut Key)はカララン男性で、惑星カラーの地方長官である。クローン戦争期、ケイは独立星系連合銀河共和国を相手にカララン種族の代表を務めた。19 BBYジェダイ・マスターデパ・ビラバ率いる共和国グランド・アーミークリーヴ将軍指揮下の分離主義勢力をカラーから追い払った。しかしケイはカラーの支配者が分離主義勢力から共和国になったところで何が変わるのかと疑っていた。それからしばらくして戦争は終結し、カラーは新政府銀河帝国の支配下に入る。ケイは帝国の地方長官となり、オーダー66を生き延びたジェダイパダワンケイレブ・デュームを捕まえて帝国に通報した。しかしデュームは密輸業者ジェイナス・カスミアの助けを借りて逃走する。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。