Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

「トレイヴィスって誰?」
「帝国に不都合なこともあえて口にできる勇気ある帝国議員」
エズラ・ブリッジャーヘラ・シンドゥーラ[出典]

ガル・トレイヴィス(Gall Trayvis)は人間男性で、銀河帝国元老院議員。彼は帝国元老院から亡命した反体制派支持者を装い、本物の反乱分子を罠にかける陰謀に加担していた。

経歴

海賊放送

ホロネットに映しだされたトレイヴィスの姿

帝国時代、ガル・トレイヴィスは帝国元老院のメンバーだった。反乱者ヘラ・シンドゥーラは、トレイヴィスは銀河帝国に対して勇気ある発言が出来る唯一の元老院議員だと考えていた。しかし実際のところ、反体制派の亡命政治家というのは見せかけに過ぎず、反乱分子から信用を得るための演技だった。

ヤヴィンの戦いの5前、トレイヴィスはホロネット・ニュースをハッキングし、クローン戦争を生き延びたジェダイ・マスタールミナーラ・アンドゥリスティジョン・プライムスパイア刑務所に不法に監禁されていると報じた。ロザルを拠点に活動する反乱者たちは救出作戦を開始したが、アンドゥリは既に処刑されており、スパイアでは帝国の大尋問官が待ち受けていた。その後、トレイヴィスは再びアルトン・キャッスルの放送を乗っ取り、マスター・アンドゥリのを人びとに知らせた。

同じ年の帝国の日、トレイヴィスは再び海賊放送を行った。トレイヴィスは帝国統治の不当性を訴え、抗議のため帝国の日の祝賀をボイコットするよう訴えた。この放送はロザルにあるオールド・ジョーズ・ピット・ストップ等の施設で流れた。おそらくこの放送も、抗議者を誘き寄せて逮捕するための策略だったと思われる。

ロザルの罠

反乱者たちに囲まれたトレイヴィス

帝国の日の報道の後、トレイヴィスは反乱者たちを旧共和国元老院ビルにおびき寄せるためのメッセージを送った。この計画には帝国保安局エージェントアレクザンダー・カラスマーケス・チュア大臣も関わっており、帝国は長いあいだロザル政府を苦しめてきた反乱分子(およびそのリーダーであるジェダイ)を一挙に捕まえるつもりだった。反乱者たちは元老院ビルでトレイヴィスと合流したが、すぐにストームトルーパー部隊に包囲された。トレイヴィスは反乱者たちに降伏を促したが、サビーヌ・レンガラゼブ・オレリオスが煙幕爆弾を投げ、逃亡を図った。反乱者たちはトレイヴィスを連れて逃走し、キャピタル・シティの古い下水道を逃げ回った。トレイヴィスはストームトルーパーが追いつく時間を稼ぐため疲れたふりをした。トレイヴィスを急かすため、ヘラ・シンドゥーラエズラ・ブリッジャーが彼に付き添った。

下水道内の巨大なファン・ジェネレーターに達した時、トレイヴィスを疑い始めていたヘラは、彼にブラスター・ピストルを手渡した。するとトレイヴィスはそのピストルを2人に向け、反政府報道は反乱者を誘き寄せるための罠だったのだと明かした。また、彼はエズラの両親を知っており、服従よりも自由を選んで命を捨てることになったブリッジャー夫妻の無謀さを嘲った。2人を撃とうとした際、トレイヴィスはブラスターが充填されていないことに気付いた。ヘラは狼狽えるトレイヴィスを殴ってノックアウトした。彼が目を覚ました時、反乱者たちは既に逃げ去っていた。

帝国の作戦が失敗した後、トレイヴィスはホロネット・ニュースでアルトン・キャッスルのインタビューを受けた。トレイヴィスは再び帝国のもとへ戻ると宣言し、平和的手段を通して帝国をよりよい場所にしていきたいと述べた。また、彼はインタビューでロザルの反乱者を非難し、彼らが暴力的で恐ろしい集団であるかのように描写した。放送終了時、トレイヴィスは反乱者を捕まえた者に賞金を出すと発表した。この放送を見た反乱者たちは、真実のメッセージを送信するためジャラース近郊にある帝国通信センターのハイジャック計画を開始した。

人物

ガル・トレイヴィスは人間男性で、肌は白く、目は青かった。ヤヴィンの戦いの5年前、彼は中年に達しており、髪は白髪交じりだった。彼は帝国の独裁政権に反旗を翻す反体制派元老院議員を演じ、反乱者を誘き寄せる罠に加担していた。彼は自分の罠によって反乱者が恐ろしい運命に直面するのを楽しんでいた。エズラ・ブリッジャーと会った時、トレイヴィスはエズラの両親ミラエフライムを嘲り、ブリッジャー夫妻の失踪に自分が加担していたことを明かした。トレイヴィスはブラスターを敵に向けている時は尊大で自信に満ちていたが、武器を失ったとたん臆病な態度を見せた。

登場エピソード

参考資料

脚注

Advertisement