Fandom


類似した名称の記事はガレルの任務を参照
「提督、エージェント・カラスが敵はどこか教えろと」
「私も知りたいよ」
―帝国軍将校とカシウス・コンスタンチン提督[出典]

ガレルの戦い(Battle of Garel)は3 BBYアウター・リム・テリトリー惑星ガレルで発生した、初期反乱運動の戦闘である。当時、反乱分子のフェニックス戦隊スペクターズガレル・シティにある宇宙港スターシップを隠して潜伏していた。しかしスペクターズがが惑星タコーボハンマータウン銀河帝国尋問官対決した際、反乱者の会話がセヴンス・シスターID9シーカー・ドロイドに盗聴され、ガレルに隠れ家があることが知られてしまった。帝国保安局エージェントアレクザンダー・カラスは尋問官がもたらした情報が真実であることを確認すると、惑星ロザル軌道に配置されているインペリアル級スター・デストロイヤー艦隊を使ってガレルを攻撃するよう、<リレントレス>のカシウス・コンスタンチン提督に命じた。

現地のパトロール隊を撤収させた後、帝国軍はガレル・シティで反乱軍への奇襲を開始した。宇宙港ストームトルーパー部隊と遭遇した反乱者たちは、すぐに船に乗り込み、次々と複数の宇宙港から離陸した。また尋問官セヴンス・シスター、フィフス・ブラザーも反乱軍のジェダイを倒すため自ら地上に降りたが、戦うことすらできず取り逃がした。ガレルの大気圏内に展開したコンスタンチンの艦隊は反乱軍のテイランダー・シャトルを撃墜し、コマンダージュン・サトー旗艦リベレーター>をトラクター・ビームで捕捉した。しかし、ヘラ・シンドゥーラ船長の操縦する<ゴースト>がビーム発生装置を破壊してサトーを救い、結果的に帝国は反乱軍艦隊の大部分を取り逃がしてしまった。一方、反乱軍も安全な拠点を失う痛手を負い、アトロンチョッパー基地に落ち着くまでのあいだ放浪を余儀なくされた。

背景

「私も尋問官殿の説を調査してみたんだが、ガレルには確かに反乱者が潜んでいる。たくさんある宇宙港を移動して船を隠しているんだ。非常に賢い」
エージェントアレクザンダー・カラス[出典]

初期反乱運動の時代、コマンダージュン・サトー率いる反乱分子フェニックス戦隊は、VCX-100軽貨物船ゴースト>のクルーからなるスペクターズと合流し[4]アウター・リム・テリトリー惑星ガレルに秘密の拠点を設けた。[5] 彼らはガレル・シティに点在する宇宙港スターシップを隠し、しばらくは銀河帝国に見つからずに反乱運動を展開した。[1] しかし、尋問官フィフス・ブラザーセヴンス・シスターが惑星タコーボハンマータウンで反乱軍のジェダイ対決した際、シスターのID9シーカー・ドロイドパダワンエズラ・ブリッジャーの会話を盗聴し、彼らの本部がガレルにあることを突き止めた。[6] 帝国保安局エージェントアレクザンダー・カラスは尋問官の報告に基づいてガレルを調査し、情報が真実であることを確認した。帝国宇宙軍カシウス・コンスタンチン提督は尋問官の情報に懐疑的だったが、カラスの命令に従い、ロザル軌道に配備されていた<リレントレス>を始めとするインペリアルI級スター・デストロイヤー艦隊をガレルに展開させた。奇襲を開始する前、帝国軍ガレル・シティのパトロール部隊を引き上げさせた。[1]

Garel Star Destroyers

ガレルに展開するスター・デストロイヤー

ガレルの戦いが始まる前、ロザルで反帝国プロパガンダ放送を流した罪で収監されていたエフライムミラ・ブリッジャー夫妻刑務所暴動を起こし、囚人数十名の脱獄を手引きして命を落とした。その頃、ブリッジャー夫妻の息子であるエズラは、両親にまつわるフォース・ヴィジョンを経験した。彼は両親がまだ生きているのではないかと考え、ヴィジョンの内容をケイナン・ジャラスヘラ・シンドゥーラに説明した。ヘラは以前帝国情報センターからの脱走者シーボ救出した際にエズラの両親が逮捕されたことを聞き出していたが、刑務所の位置を突き止められなかったため、捜索を諦めかけていた。ケイナンはサトーから受け取った帝国の囚人リストをエズラに見せ、フォースを使った特定作業をするよう命じた。その結果、エズラはロザル出身の「囚人X-10」が何らかの情報を持っているはずだと判断した。彼らはまだ知らなかったが、X-10の正体はブリッジャー夫妻の暴動によって脱獄に成功したロザルの元総督ライダー・アザディだった。[1]

ガレルの戦い発生直前、エズラは故郷のロザルへ戻ることを決意した。エズラと同じ<ゴースト>のクルーであるマンダロリアンサビーヌ・レンは、ロザルを包囲していた帝国軍艦隊が撤退したという情報を受け取り、ロザルに戻るなら今が好機だと考えた。彼らはさっそく出発するためガラゼブ・“ゼブ”・オレリオスC1-10P(チョッパー)に連絡を取り、<ゴースト>に戻るよう指示した。宇宙港で買い出しをしていたゼブとチョッパーは、珍しく帝国のパトロール部隊に出くわさないことを不思議がったが、かつて帝国の士官候補生だったサビーヌ・レンは、帝国が奇襲作戦に向けてパトロール隊を撤退させたのだと気付いた。[1]

奇襲

「俺の邪魔をするな! 消えろ!」
「勇ましい坊やだこと。そんなに邪魔ならどけてみたら?」
―エズラ・ブリッジャーとセヴンス・シスター[出典]
Garel Second Sister

尋問官に向かっていくエズラ・ブリッジャー

<ゴースト>から警告を受けた直後、ゼブとチョッパーは宇宙港で帝国の奇襲部隊と遭遇した。ガレル・シティの上空にはインペリアル級スター・デストロイヤー艦隊が姿を現し、帝国による通信妨害が始まった。ヘラはサビーヌに船の位置特定を妨げる妨害電波を発信するよう命じ、ケイナン・ジャラスとエズラ・ブリッジャーはゼブやチョッパーに助太刀するため宇宙港へ駆けつけた。通路で反乱者とストームトルーパーブラスター戦が繰り広げられる中、エージェント・カラスは自らトルーパー部隊を率いて宇宙港を襲撃した。しかしエズラはカラスのJ-19ボー=ライフルから放たれるビームをライトセーバーで偏向し、このエージェントをフォースで押し飛ばして壁にぶつけ、気絶させた。[1]

反乱者たちが周囲の敵を始末した直後、セヴンス・シスターとフィフス・ブラザーがエズラの前に姿を現した。ブリッジャーは感情に任せて尋問官に切りかかろうとしたが、ジャラスはDL-18ブラスター・ピストルで隔壁の制御パネルを撃ち、尋問官との間にあるドアを閉鎖した。一方、各地のハンガーでは反乱軍のスターシップの発進準備が急ピッチで進められていた。しかし16番ハンガーをはじめとする一部の施設は、脱出前に帝国によって制圧されてしまった。ケイナンたちがなんとか<ゴースト>に戻ると、ヘラはフェニックス戦隊の他の艦船とタイミングを合わせ、あらかじめ用意していた脱出プランを展開した。反乱軍の船が続々と宇宙港から飛び立つと、コンスタンチン提督は部下にトラクター・ビームの起動を命じた。戦闘中、反乱軍のテイランダー・シャトルが少なくとも1隻破壊され、ガレル・シティに墜落した。[1]

Ghost knocks out tractor beam

ビーム発生装置を破壊した<ゴースト>

コンスタンチンのスター・デストロイヤー<リレントレス>はコマンダー・サトーやキャプテンレックスが乗る旗艦CR90コルベットリベレーター>をトラクター・ビームで捕捉した。コンスタンチンが旗艦の拿捕に集中したため、反乱者の残りの宇宙船はスター・デストロイヤーの封鎖ラインをすでに突破していたが、ヘラは<リベレーター>を救うため引き返すことに決めた。<ゴースト>の補助機ファントム>に乗り込んでいたエズラとケイナン、チョッパーは、ヘラの指示に従い、一足先にロザルへ向かうことになった。<ファントム>が去った後、ヘラはサトーたちを救うため<リレントレス>に接近した。彼女はサトーに、トラクター・ビーム消滅に備えてエンジンの準備をしておくよう告げた。[1]

サビーヌはヘラに、至近距離でトラクター・ビーム発生装置魚雷を命中させることができれば、<リベレーター>を解放できると提案した。しかしコンスタンチンの命令でTIE/ln制宙スターファイターが<ゴースト>を妨害したため、魚雷を発射することができなかった。そこでヘラは攻撃をしのいでなんとかスター・デストロイヤーの下面に接近し、機体をぶつけて無理やりビーム発生装置を破壊した。<ゴースト>を追跡していたTIEファイターの1機は、破壊された発生装置の残骸と衝突して爆発した。ビームから解放された<リベレーター>はガレルから飛び立ち、<ゴースト>と共にハイパースペースへジャンプした。その直後、目を覚ましたカラスから敵はどこにいるか尋ねられたコンスタンチンは、自分も知りたいと憎々しげにつぶやいた。[1]

その後

「ガレルでの損失を聞いたオーガナ議員が援軍を送ってくれるそうよ」
―ヘラ・シンドゥーラ[出典]
Hammerhead corvettes

ロザルに届けられたハンマーヘッド・コルベット

帝国による奇襲作戦は失敗に終わり、ガレルに隠れていた反乱軍艦隊の大半はハイパースペースへと逃げ去った。[1] しかし反乱軍はこの戦いで大きな損害を被り、後日、オルデラニアンベイル・オーガナ元老院議員からガレルで失った戦力補填の援助を受けることになった。オーガナ議員はフェニックス戦隊にハンマーヘッド・コルベット3隻を届けるため、養女のプリンセスレイア・オーガナを代理人としてロザルへ派遣した。惑星オルデランは表向きには帝国に忠誠を誓っていたため、レイアは救援任務を名目にロザルを訪問し、反乱者たちはロザル補給基地で彼女のコルベットを“強奪”した。[2]

またエズラとケイナン、チョッパーはロザルでライダー・アザディ元総督を見つけ出し、エフライムとミラ・ブリッジャーが既に死んでいることを知らされた。[1] その後、反乱者たちとアザディはロザル補給基地でプリンセス・レイアの作戦に協力し、ハンマーヘッド・コルベットを帝国から強奪した。[2]

ガレルの戦いで隠れ家を失った後、フェニックス戦隊はしばらくのあいだ居場所を転々としたが、やがて惑星アトロンチョッパー基地を設置した。[7] しかしアトロンは2 BBYスローン大提督率いる第7艦隊攻撃を受け、反乱軍は再び基地を失うことになった。またこの攻撃が始まる直前、エズラはガレルの戦いでの経験から、ロザル軌道から帝国艦隊が姿を消すのは自分たちに危険が迫っている兆候だと気づいた。[8]

制作の舞台裏

ガレルの戦いは2015年12月9日に放送されたTVアニメ・シリーズ『スター・ウォーズ 反乱者たちシーズン2の第11話『引き継ぐもの』で描かれた。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

初期反乱運動
銀河系のタイムライン

前:クローン戦争

同時期:ジェダイの粛清 · ジェダの反乱 · マンダロリアン内戦 · ライロスの反乱

次:銀河内戦

銀河帝国に対する初期反乱運動の戦い
18 BBY モン・カラ ダック・シティ · 南極圏 · ベル・シティ · ラーダ
14 BBY ジェダイ・オーダー再建の旅 キャッシーク
5 BBY 帝国尋問ドロイド破壊任務 · 帝国補給船団の襲撃 · ロザル飛行場
キャピタル・シティ · ケッセル · ガレル・シティ宇宙港 · コザル
スティジョン・プライム · ロザル・アカデミー · 輸送船団
4 BBY カラー · ラーン · シーボ · 旧共和国元老院ビル · ジャラース
帝国通信センター · ムスタファー · シールド発生装置強奪任務
ロザル包囲戦 ロザルの任務 · フェニックス戦隊 (I) · シーロス
アブサンズ · アイバー · スラッド · ガレル(I) · インターディクター
3 BBY フェニックス戦隊(II) · インヴァー · ガレル(II) · ロザル補給基地
コンコード・ドーン(I) (II) · リラ・サン · ガス精製所
ライロス(I) · 帝国建造モジュール · フェニックス戦隊(III)
2 BBY ナラカ · ヤルマ · テラロフ · モントロス · ライロス(II) · アガマー
コンコード・ドーン(III) · マイカポ · ロザル(II) · ジオノーシス · チョッパー基地
クローネスト · キメラ · アーキオン星雲 · キラン・ステーション · アトロン
1 BBY マンダロア · ジェリンディ · フェイオス・ステーション · ロザル(III) (IV) (V)
ロザル・ジェダイ・テンプル · ロザル(VI)
0 BBY ウォバニ · カフリーンの環 · フラクチャー作戦 (ジェダ(I) (II) · イードゥー)
関連記事
銀河帝国 · ジェダイ · 反乱同盟 · シス
  [Source]
他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。