Fandom


「私は今やガンシック啓蒙教会の一司祭に過ぎん。結婚式や葬式を取り仕切る…人々の平和のために働いているんだ」
イース・コス[出典]

ガンシック啓蒙教会(Church of the Ganthic Enlightenment)は帝国時代に活動した宗教組織である。元ジェダイ・マスターイース・コスは、ジェダイであることを辞めた後、ガンシック啓蒙教会に加わった。彼は司祭として教会の結婚式や葬儀を執り行った。しかし彼はジェダイの生存者を追うシス卿ダース・ヴェイダーに見つかってしまい、ライトセーバー対決に敗れて命を落とした。[1]

制作の舞台裏

ガンシック啓蒙教会は2018年に発売された正史コミックスター・ウォーズ:シスの暗黒卿 ベイダーの城』(チャールズ・ソウル画、ジュゼッペ・カムンコリ画)で初登場を果たした。

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。