Fandom


「日が昇った。狩りの時間だ!」
―ガーナック[出典]

ガーナック(Garnac)はトランドーシャン男性で、無慈悲なビッグ・ゲーム・ハンターである。衛星ワスカーを拠点に活動する狩猟ギルドのリーダーで、ダーの父親。ガーナックとその手下たちは銀河系各地から知的生物を誘拐し、残酷な狩猟ゲームの獲物にしていた。クローン戦争中、ガーナックのギルドはジェダイ候補生やウーキーとの戦いで壊滅し、ガーナックもパダワンアソーカ・タノとの決闘に敗れて命を落とした。

経歴

「さて、どれだけ骨のある奴がいるか見てみようか。撃ち方はじめ!」
―ガーナック[出典]

惑星トランドーシャ出身のガーナックはクローン戦争期に衛星ワスカー狩猟ギルドを率いていた。彼らは銀河系各地で知的生物を誘拐し、ワスカーので無慈悲な狩猟ゲームを行った。ガーナックはジェダイを殺すのを名誉と考えており、強敵であるジェダイ・ナイトは避け、未熟な訓練生パダワンを拉致して獲物に加えた。戦争中、ガーナックはHCT-2001ドラゴンボート級ルジョー905貨物船に乗って惑星フェルーシアを訪れた。ギルドのメンバーの1人、ロ=ターレン分離主義勢力と戦っていたパダワン・アソーカ・タノを運よく発見し、帯電ネット・ガンで動きを封じることに成功した。ガーナックは思わぬ収穫に喜び、新しい獲物をワスカーの第4アイランドに放した。しかしタノはジェダイ候補生のカリファジンクスオ=メアと合流し、トランドーシャンのハンターに対して反撃を試みた。

ガーナックはMSP80プテロプター・ホバー・ポッドに乗り込み、第4アイランドのジャングルの中でジェダイを追い回した。カリファがトランドーシャンの攻撃で足を挫くと、ガーナックは息子のダーにジェダイ狩りの名誉を譲り、止めを刺すよう命じた。しかしダーはタノとの格闘戦に敗れて上から落下し、地面から突き出た植物に胸を貫かれて死んでしまった。怒ったガーナックはカリファを狙撃して撃ち殺し、タノを執拗に追い回した。しかし若きジェダイたちはウーキーの囚人チューバッカを味方につけ、狩猟ギルドの本拠地であるユブリキアン浮遊要塞に攻め込んだ。数で勝るトランドーシャンは最初のうちこそ優勢だったが、賞金稼ぎスギとウーキーの戦士が乗る<ヘイロー>が到着し、形勢が逆転した。ガーナックはタノとの一騎打ちに敗れて要塞のブリッジから突き落とされ、転落した。

個性と特徴

Garnac-SWE

ガーナック

ガーナックは血に飢えた冷酷なハンターで、仕留めた獲物の頭部や毛皮を勝利のトロフィーとして要塞に飾っていた。彼は知的生物であっても容赦なく狩り立てたが、息子のダーにだけは深い愛情を見せ、ダーを殺したジェダイ・パダワン・アソーカ・タノを逆恨みした。

技術と能力

ガーナックはトランドーシャン・ブラスタースナイパー・ライフル、手斧、ナイフなど、様々な武器を使って戦った。ガーナックは格闘戦にも熟練していたが、フォースを駆使するアソーカ・タノには敵わなかった。

登場エピソード

参考資料

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。