Fandom


キジーミ(Kijimi)はミッド・リムブライクス宙域に属す、凍てついた惑星である。雪に覆われた山々が地表の大部分を占め、近代的な大都市は存在しなかった。かつてキジーミは霊的存在が確認できる自然豊かな星として知られ、大昔にダイ・ベンドゥによって修道院が築かれたことがきっかけで、至福の平静結社の拠点がキジーミ・シティに形成された。ところが、中央政府が存在しないキジーミは逃亡者たちにとって格好の隠れ家でもあったため、やがて犯罪活動がエスカレートしていき、宗教グループは惑星から去っていった。その後、至福の平静結社の拠点だった場所は盗賊地区として知られるようになった。

銀河帝国が崩壊し、銀河系スパイス事業に混乱期が訪れると、キジーミのスパイス・ランナーズと呼ばれるグループが台頭した。彼らは盗賊として始まり、やがてケッセル・ランのスパイス利権にアクセスできるまでの勢力へと成長したが、ファースト・オーダーレジスタンス戦争が激化すると、ファースト・オーダーの駐屯部隊がキジーミを闊歩するようになり、中立を維持するのが難しくなった。35 ABY、レジスタンスのメンバーがキジーミを訪問した後、シス艦隊を率いるエンリク・プライド忠誠将軍は、銀河系に対する見せしめとしてこの惑星をジストン級スター・デストロイヤーデリファン>で破壊した。

特徴

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

歴史

制作の舞台裏

キジーミは2019年12月20日公開の映画『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』の舞台のひとつとして創作された惑星である。その存在と名称は2019年5月22日ヴァニティ・フェア誌の記事で判明した。[5]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。