Fandom


Atticon

この記事の題名はニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

この記事は正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

「4番キックバック。チェック完了です」
―キックバック[出典]

キックバック(Kickback)は共和国宇宙軍に仕えたクローン・トルーパー・パイロットのニックネームである。V-19トレント・スターファイターによって構成される銀河共和国ブルー中隊のメンバーだった。21 BBY、このスターファイター中隊ジェダイ・コマンダーアソーカ・タノの指揮下に入り、ライロスの戦いに出撃する。

経歴

クローン・トルーパー・パイロットのキックバックは、共和国グランド・アーミーの他の兵士と同様、惑星カミーノで生み出された。彼は銀河共和国に忠実なクローン・トルーパーとして訓練を受け、やがて共和国宇宙軍ブルー中隊の隊員になる。21 BBY当時、キックバックとブルー中隊はウルフ・ユラーレン提督ジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカー旗艦であるヴェネター級スター・デストロイヤーレゾリュート>に配属されていた。独立星系連合によって封鎖された惑星ライロスに派遣されたとき、ブルー中隊はジェダイ・コマンダーアソーカ・タノの指揮下に入り、キャプテンマー・トゥーク艦隊と戦うことになった。

スターファイター中隊の指揮を執るのは今回が初めてだったアソーカ・タノは、キックバック、アックススラマータッカースウープらを率いてトゥークのルクレハルク級ドロイド司令船へ向かった。しかし、トゥークは大量のヴァルチャー級ドロイド・スターファイターを放って応戦し、待機させておいたミュニファスント級スター・フリゲートを戦場へ呼び寄せた。ユラーレンとスカイウォーカーはブルー中隊に退却を命じたが、タノは勝利を焦って攻撃を続行し、多くのパイロットを犠牲にしてしまう。

登場エピソード

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。