「反乱軍の宇宙船です!」
「ゴーリン提督を呼ぶんだ。急げ!」
―<インティミデイター>のブリッジ士官とキャシド大尉[出典]

キャシド(Casido)は人間男性で、銀河帝国宇宙軍に仕えた大尉である。0 BBY当時、ゴーリン提督率いるインペリアルI級スター・デストロイヤーインティミデイター>に乗り込んでいた。スカリフの戦いが発生した時、キャシドはスター・デストロイヤーブリッジに居合わせた。キャシドが乗るスター・デストロイヤーは反乱同盟の攻撃を受けて<パーセキュター>と衝突し、破壊されてしまった。

経歴

初期反乱運動の時代の末期、キャシドは銀河帝国宇宙艦隊に所属し、大尉の階級に就いていた。[1] 0 BBY当時[2]、彼は惑星スカリフ軌道防衛を担うインペリアルI級スター・デストロイヤーの1隻[1]、<インティミデイター[3] に乗り込み、ゴーリン提督の指揮下に配属されていた。この帝国安全管理施設に保管されているデス・スター設計図を盗むため、共和国再建のための同盟ローグ・ワンがスカリフに潜入し、スカリフの戦いが勃発した。ラダス提督率いる同盟軍艦隊がローグ・ワンの援軍としてスカリフの上空に駆けつけた時、キャシドは<インティミデイター>のブリッジに居合わせた。反乱同盟のスターシップが次々とハイパースペースから姿を現すのをビューポートから確認したキャシドは、すぐにゴーリン提督を呼んでくるよう他の者に命じた。[1]

その後<インティミデイター>と同型艦の<パーセキュター[3] は閉鎖されたシールド・ゲートの外で同盟軍艦隊と宇宙戦を繰り広げた。同盟軍ゴールド中隊に所属するYウイング・ボマーは、イオン魚雷による攻撃で<パーセキュター>のエンジンを停止させることに成功する。ラダス提督はハンマーヘッド・コルベット[1]ライトメイカー[4] を<パーセキュター>に体当りさせ、隣りにいた<インティミデイター>との衝突を誘発させた。キャシドの乗るスター・デストロイヤーは<パーセキュター>とともに破壊され、そのまま落下してシールド・ゲートを巻き添えにした。惑星シールドが消滅したことにより、同盟軍艦隊は地上からデス・スター設計図のデータを受信することに成功する。[1]

個性と特徴

キャシドは白人種の人間男性で、青いをしていた。<インティミデイター>に乗り込んでいた時、キャシドは帝国軍将校の軍服と司キャップを身に着けていた。[1]

制作の舞台裏

キャシドは2016年12月16日に公開されたギャレス・エドワーズ監督によるアンソロジー映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。俳優はルーファス・ライト。劇中で名前は言及されていないが、エンドロールで「キャシド大尉」としてクレジットされている。

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。