Fandom


「彼女はテラリアン・ジャンゴ・ジャンパーです。追いつくのが大変!」
アソーカ・タノ[出典]

キャシー・クライアー(Cassie Cryar)はテラリアン・ジャンゴ・ジャンパー女性で、銀河共和国時代の末期に惑星コルサントに住んでいた犯罪者である。彼女には種族特有の高いアクロバティック能力と運動神経が備わっていた。クライアーはこの能力を裏社会での活動に役立て、相棒のアイオニ・マーシーと一緒にコルサント・アンダーワールド泥棒として生計を立てた。クローン戦争中、クライアーとマーシーはハッピーランドにあるアパートにて、マーシーのボーイフレンドであるナック・ムーヴァースを暗殺した。2人はムーヴァースが不法に手に入れたライトセーバーを奪って逃亡を図る。

しかし、2人が犯行現場を離れる前にライトセーバーの本来の持ち主であるジェダイパダワンアソーカ・タノマスターテラ・シヌーベがアパートに到着した。マーシーは事件の目撃者を装い、クライアーはライトセーバーを持ってアパートから逃亡する。彼女はギャラクティック・シティの上層でタノと逃亡劇を繰り広げ、最終的にマーシーの乗るエアスピーダーと合流した。しかしシヌーベはマーシーに追跡装置を仕掛けており、2人はマグレヴ列車でジェダイに再発見されてしまった。クライアーはしぶとく抵抗し、列車の中でトワイレックの母子を人質にとったが、次の駅でシヌーベに待ち伏せされ、短いライトセーバー戦のすえノックアウトされた。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。