「決定だな。ヨーダがクローンの大隊を連れて、ウーキーを援護するためキャッシークへ向かう。フォースが共にあらんことを」
メイス・ウィンドゥ[出典]

キャッシーク(Kashyyyk)はミッド・リムに属す樹木惑星である。銀河帝国の支配下ではG5-623として分類されていた。ロシュア・ツリー森林ジャングルに覆われたこの星は、勇敢な戦士にして一流の職人として知られるウーキー種族故郷だった。ウーキーはキャッシークの樹上にカチーホをはじめとする都市を築き、自分たちを「木の民」と称していた。またキャッシークは豊かな生態系を有し、タックシーオ・バードカターンなどさまざまなクリーチャーが棲息していた。キャッシークは4つのハイパースペース・ルートの上に位置していたため、あらゆる戦争で戦略的な要所となった。

銀河共和国の加盟国だったキャッシークは、クローン戦争戦場となり、独立星系連合による侵略を受けた。ジェダイ・マスターヨーダクローン・トルーパーを率いてウーキーの援軍に駆けつけたが、間もなく共和国は銀河帝国へ再編され、キャッシークは新政府の占領下に置かれた。帝国の占領は長年にわたり、ウーキーは奴隷として酷使された。この間、ターフル率いるキャッシーク・レジスタンスや、ソウ・ゲレラ率いるパルチザンといった抵抗勢力が帝国と戦いを繰り広げた。銀河内戦終盤の5 ABY、キャッシークは新共和国によって解放され、帝国の支配に終止符が打たれた。

特徴

概要

「あの星系を手放すわけにはいきません」
オビ=ワン・ケノービ[出典]

キャッシークの風景

惑星キャッシークは銀河系ミッド・リムミタラノア宙域キャッシーク星系に属し[1]、平面座標上でP-9に位置した。[3] キャッシークは全長1万2,7665キロメートルの地殻惑星であり、衛星を3つ持ち、公転周期は381[6]、自転周期は26標準時間だった。[5] キャッシークは勇敢な戦士にして優れた職人でもあるウーキー種族母星だった。また同星系内には、トランドーシャン種族の母星であるトランドーシャが存在した。キャッシークは自転軸に傾きがなく、完全に正円の軌道を周回していたため、四季が存在しなかった。キャッシークは複数の広大な大陸と、熱帯性の流が循環する海洋からなり、陸地には広大な森林がどこまでも広がっていた。また海には列島や長大なサンゴ礁が多数散在していた。[6]

キャッシークはミッド・リムの航行量が多い4本のハイパースペース・ルート上に位置しており、重要なホロネット中継局も設けられていた。[6] そのためこの惑星はあらゆる戦争で戦略的な要所となった。ウーキーの都市は大木の樹上に造られており、建築物はジャングルの天蓋の美しさと調和していた。[1]

生態系

動物

キャッシークの森には、木の頂点から下に向かって何層にも及ぶ複雑な生態系が形成されていた。[6] 樹上には、無害で人懐っこい動物として知られる霊長類タックが棲んでいた。タックは食料である果物をとるため、しばしば木から降りる姿が目撃された。[11] 生態系は木々の下層にいくほど危険であり、光の届かない下層には、カターンウィルム=ウィーヴァー、そして白髪交じりの老ウーキーが炉端で語る伝説に出てくるような、奇妙で野蛮なクリーチャーがうろついていた。[6]

ウーキーには、クリーチャーにまつわる言い伝えや伝説がいくつか存在した。例えば、彼らは飛行クリーチャーのキャン=セルを見ると幸運になると信じ、ペットにすることも多かった。また彼らはこのクリーチャーをヒントに、ラダドウ・ナスプ・フラッタークラフトという乗り物を造った。[19] また目撃例が少ない巨大鳥類シーオ・バードは伝説的存在となっており、彼らの姿を見ることは滅多にない幸運で、目にしたら平穏が約束されると信じられていた。[11]

キャッシークに生息した動物の一覧:

ウィーショック

植物

「森全体が生きている」
カル・ケスティス[出典]

キャッシーク

キャッシークには広大な密林が広がっていたが、そのほとんどがロシュア・ツリーによって構成されていた。ロシュアの木は極地以外ならばどこでも成長することができ、1,000を超える亜種が存在していた。この木は樹齢5万年にも達し、深い森の中では高さ1,000メートルにも成育することがあった。ロシュア・ツリーはキャッシークの生態系の中心であり、ウーキーの生活の物質的、社会的、精神的な文化を支える基盤でもあった。ロシュア・ツリーは幹をくり抜いた中でコミュニティ全体が生活できるほど巨大であり、ウーキーはロシュアの枝を連結してその上にプラットフォームを築くことで、大小さまざまの都市を造っていた。[6]

またキャッシークにはロシュア以外にもさまざまな植物が生育していた。ジョー・プラントは肉食の植物で、日の当たらない湿った場所に分布していた。ジョー・プラントは食べ物の匂いを発することで獲物の動物を誘い込み、大きな顎のような器官を一気に閉じて挟み込んだ。一方、寄生性植物のサーヴァは近づいてきた獲物や接触した獲物にゆっくりと吸着性のある蔓のような体を伸ばし、長い年月をかけて養分を吸い尽くした。またラング・プラントは体腔に空気を溜める性質を使い、スリーグなどの天敵が近づいてきた時に空気を放出して自衛することができた。マッシュブルーム生物発光する菌類であり、完全に成長すると致性の毒を有するが、成長しきる前に収穫すれば珍味の食べ物となった。[11]

住民

Blue Glass Arrow.svg 詳細はウーキーを参照

キャッシークのウーキー

キャッシーク出身の知覚種族であるウーキーは恐ろしげで野蛮な外見をしていたが、知的で洗練された社会を持ち、忠実で信頼の置ける民族として知られた。[22] 彼らは2メートルを超える長身で、怪力を備え、長生きの種族だった。[23] ウーキーは森林の環境と調和した暮らしを営み、食料および建築資材、その他の資源としてロシュアの木を有効活用した。[6] 彼らは若い頃から芸術的な技術を磨くことを奨励され、自然の素材を用いてさまざまなものを制作した。ウーキーの作品は、文化的な儀式に用いる装飾的・伝統的なものもあれば、テクノロジーを取り入れた実用性のあるものもあった。[23]

歴史

森林の惑星

キャッシークには、ウーキーの地図製作者やナビゲーターによって構成される伝説的なクラチュヴァック・ギルドが存在した。熱帯のワワート諸島に点在するラグーンやフィヨルドにはこのギルドの居住地があり、その拠点は首都カチーホに置かれていた。クラチュヴァック・ギルドが保管していた秘密のハイパースペース・ルートのデータは貴重な宝であり、キャッシークが戦略的に重要な惑星である一因となっていた。[6]

キャッシークのウーキーたちは、隣人であるトランドーシャンと険悪な関係にあった。[22] ジェダイ・オーダーグランド・マスターヨーダは、トランドーシャンを巻き込んだいくつかの事件において交渉人として活躍した。ウーキーはヨーダの功績をたたえ、彼に“ホーム・ツリーの守護者”という古い称号を授けた。これ以来、ヨーダはウーキーとのあいだに良好な関係を保ち、ターフル率いる樹上都市カチーホの住民だけでなく、多くのウーキーの指導者たちから名誉ある家族の一員として受け入れられていた。[6] またヨーダは、当時パダワンだったドゥークーとともにキャッシークを訪れ、テレンタテックと戦ったことがあった。[13]

クローン戦争

「わしが行こう。ウーキーとは仲がよいからな」
ヨーダ[出典]

キャッシークの戦い

19 BBYクローン戦争の最後の戦いのひとつがキャッシークで繰り広げられた。キャッシークが独立星系連合ドロイド軍の侵略を受けると、ジェダイ最高評議会はウーキーと仲のよいマスター・ヨーダが率いる共和国グランド・アーミークローン・トルーパーを援軍に派遣することに決めた。[7] また共和国にとっての惑星の重要性に鑑み、マスター・ルミナーラ・アンドゥリ[8] クインラン・ヴォスもキャッシークに送り込まれた。[24] またクローン・コマンダーCC-1004(グリー)が第41精鋭兵団を指揮し、ジェダイ将軍たちを補佐した。[7]

銀河帝国

皇帝パルパティーンの銀河帝国は、キャッシークを封鎖し、ウーキーを奴隷にした。帝国時代、キャッシークの住民は帝国に対して反乱を試みた。しかし、彼らの運動はカーダー将軍帝国軍第212突撃大隊によって鎮圧された。

地名

カチーホ

Blue Glass Arrow.svg 詳細はカチーホを参照

制作の舞台裏

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科
  2. 2.0 2.1 2.2 Journey Through Space (2015)
  3. 3.0 3.1 スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ビギナー・ゲーム
  4. StarWars.com Where in the Galaxy Are the Worlds of Rogue One? - StarWars.com (バックアップ - Archive.org)
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 Collapse of the Republic
  6. 6.00 6.01 6.02 6.03 6.04 6.05 6.06 6.07 6.08 6.09 6.10 6.11 6.12 6.13 6.14 スター・ウォーズ コンプリート・ロケーションズ
  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 7.4 7.5 7.6 7.7 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
  8. 8.0 8.1 8.2 StarWars-DatabankII.png Kashyyyk - 公式データバンク
  9. アフターマス:帝国の終焉
  10. 10.0 10.1 10.2 10.3 10.4 10.5 アフターマス:命の借り
  11. 11.00 11.01 11.02 11.03 11.04 11.05 11.06 11.07 11.08 11.09 11.10 11.11 11.12 11.13 11.14 11.15 Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー
  12. 12.0 12.1 Star Wars バトルフロント II
  13. 13.0 13.1 13.2 TCW mini logo.jpg クローン・ウォーズ運命
  14. 14.0 14.1 StarWars.com Encyclopedia Wookiees - エンサイクロペディア (バックアップ・リンク - Archive.org)
  15. サビーヌ マイ・レベル・スケッチブック
  16. スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス
  17. ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド
  18. スター・ウォーズ:レベル・ファイルズ
  19. きみは、知っているか!? スター・ウォーズ はやわかりデータブック
  20. スター・ウォーズ ビークル
  21. 21.0 21.1 ラスト・ショット
  22. 22.0 22.1 StarWars-DatabankII.png Wookiee - 公式データバンク
  23. 23.0 23.1 スター・ウォーズ:エイリアン・アーカイブ
  24. スター・ウォーズ:カード・トレーダー
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。