「本機は自己実現プログラムで作動している。本機は自己改善指令を受けている。銀河でもっとも効率的なハンターになるためのプログラミングと改造を受けた」
「うぬぼれ機能も搭載されたようだな」
―キャプティヴェイターとアレシア・ベック[出典]

キャプティヴェイター(Captivator)は銀河内戦の時代に活動したドロイド賞金稼ぎクローン戦争以前に製造されたキャプティヴェイターはIGシリーズに似た外見をしていた。優秀な賞金稼ぎになるためのプログラミングと改造を受け、各種センサー装置とブラスター武器を搭載していた。銀河内戦当時、キャプティヴェイターは銀河帝国の認可を受けたハンターとして活動し、クルーを率いてハン・ソロチューバッカの賞金を狙った。[1]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。