キャン=セル(Can-cell)は銀河系各地のさまざまな惑星に棲息した昆虫型飛行クリーチャーである。キャッシークアリーンテストールライロスローディアなどに分布し、惑星ダゴバにも小型のキャン=セルが棲んでいた。

キャン=セルと文化

キャッシークのウーキー種族はキャン=セルを見ると幸運がやって来ると信じ、ペットにすることが多かった。また、彼らはキャン=セルをヒントにしてラダドウ・ナスプ・フラッタークラフトと呼ばれる乗り物を思いついた。キャッシークのキャン=セルは、オーヴェイアー・ジェット・カタマランのうなる音に引きつけられ、ウーキーの離着陸場に近寄ってきた。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。