Fandom


キラック・インフィラ(Kirak Infil'a)は人間男性で、銀河共和国時代末期のジェダイ・マスターである。ジェダイ・オーダーのメンバーとして活動していた頃、インフィラは外交任務や訓練、調査活動には関わらず、戦いばかりを追い求めていた。しかし彼は32 BBY以前に“バラシュの誓い”を立ててオーダーの活動から距離を置き、懺悔の一環としてオルドリームのリバー・ムーンで隠遁生活を開始した。彼はジェダイ・トレーニング・ドロイドアレックスとともにパスヴァール山修道院で生活を送り、ジェダイとして進むべき道が明らかになるまでフォースの中で自分を見つめ続けた。19 BBYオーダー66が発令された時、インフィラはバラシュを実践していたためクローン・トルーパーの奇襲を免れた。彼はフォースを通じてジェダイ・オーダーの壊滅を感知したが誓いを崩さず、銀河帝国時代が始まってもオルドリームのの月に留まった。

クローン戦争終結直後、シス卿ダース・ヴェイダーがジェダイ前哨基地<ブライトホーム>でインフィラの情報を入手し、リバー・ムーンにやってきた。ヴェイダーは新しいライトセーバーを作るためにジェダイの生存者を見つけ出してカイバー・クリスタルを奪取する必要があったのである。インフィラはシスの訪問によってバラシュが成就されたと考え、ヴェイダーを倒すことこそ自分に与えられた役割だと悟る。彼はアレックスを失ったが、セーバーを持たないシス対決で破り、谷底へ突き落とした。その後インフィラはアンバラー・シティガレージを尋ね、友人のマリーナに預けておいたジェダイ・インターセプターに乗ってシス・マスターを探す旅に出ようとした。しかし機体のメンテナンスが終わるより早く、アレックスの部品を使って復活したヴェイダーがアンバラー・シティに現れ、都市を守っているダムを破壊してしまった。インフィラはフォースを使ってを堰き止めようとしたが、シス卿は無防備なジェダイ・マスターの首を絞め、住民の命だけは助けて欲しいという懇願を無視して止めを刺した。その後、ヴェイダーはインフィラから奪ったライトセーバークリスタルを“流血”させ、シス・ライトセーバーの部品にした。

経歴

バラシュの実践者

Al doleem Jedi outpost mountain

隠遁生活を送るインフィラ

キラック・インフィラはフォース感応能力を持ち、ジェダイ・オーダーマスターの階級に達した。オーダーの一員として活動していた頃、インフィラは外交任務や訓練、調査活動をせず、戦いばかりを追い求めた。しかしやがて彼は“バラシュの誓い”を立て、オーダーに関連する活動から一切身を引いた。彼は自分のジェダイとしての真の道が明らかになるまで、フォースの中で自分を見つめ続けることにしたのである。インフィラはミッド・リム領域に属すオルドリームのリバー・ムーンへ行き、パスヴァール山の山頂にある修道院で隠遁生活を送った。この間も、インフィラはジェダイ・トレーニング・ドロイドアレックスを相手にライトセーバーの訓練を行い、修行を怠らなかった。[1]

19 BBY[2]、ジェダイ・オーダーはシスの陰謀によって壊滅状態に追い込まれた。クローン戦争の終結に伴い、銀河共和国銀河帝国再編され、シスの暗黒卿ダース・シディアスが初代皇帝となった。[3] インフィラは隠遁生活を送っていたためオーダー66の奇襲を生きのびたが、大勢のジェダイがんだことをフォースで感じ取った。[1] 共和国が帝国に生まれ変わった時、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーフォースのダークサイドに転向し、シディアスのシス・アプレンティスダース・ヴェイダー”になった。[3] 帝国創設直後、シディアスはヴェイダーに、新しいライトセーバーを作るのに必要なカイバー・クリスタルを手に入れるため、ジェダイの生き残りを見つけて殺してくるよう命令した。赤い光刃を放つセーバーを作るには、ジェダイが持っているクリスタルを奪って“流血”させる必要があったのである。ヴェイダーはジェダイの前哨基地<ブライトホーム>を襲撃してバラシュの実践者に関する情報を手に入れ、インフィラの居場所を突き止めた。[1]

ジェダイの粛清

遭遇

Kirak Vader duel

ヴェイダーとの対決

ヴェイダーのスターシップに姿を現した時、インフィラはアレックスと戦闘訓練を行っていた。フォースを通して闇の存在の接近に気づいたインフィラは、パスヴァールに張り巡らせてある防衛システムの準備をするようアレックスに命じた。インフィラは修行に使っていた“パダワンの罠”をフォースを使って高速で投げ飛ばし、ヴェイダーのスターシップを崖の底に墜落させた。インフィラは敵を崖底に閉じ込めるためのトラップを作動させ、ヴェイダーは地中から出現した巨大な壁に行く手を阻まれた。インフィラが崖の上に姿を表すと、ヴェイダーは即座にフォースで彼を窒息させようとした。しかしインフィラはヴェイダーをフォースで押し飛ばして攻撃を回避し、このシス卿といくつか会話を交わした。ヴェイダーが他のジェダイを虐殺した張本人で、自分を殺すためにここに来たことを知ると、インフィラはバラシュの誓いはたった今終了したと宣言し、ヴェイダーを倒すことこそが自分の進むべき道だと告げた。[1]

インフィラはアレックスに命じて崖の門を開き、敵を大量の水の中に沈めた。しかしヴェイダーはフォースを使って水をふたつに割り、崖の底から脱出した。その後、ヴェイダーは本来ジェダイの試練として用意されているパスヴァール山のトラップをかいくぐりながら、インフィラが待つ山頂を目指した。ヴェイダーが巨大ラプトランと戦っていた時、インフィラとアレックスは敵の正体について意見を交わした。インフィラが相手はシスだろうかと尋ねると、アレックスはシスならば深紅のライトセーバーで戦うはずだが、ヴェイダーはそれを持っていないと指摘した。アレックスがヴェイダーのいる橋を爆破してはどうかと提案すると、インフィラは彼を山頂まで通してやるよう命じ、残りのトラップも全て停止させた。[1]

山頂に続く階段に達したヴェイダーはフォースを使って周囲の岩や石を飛ばし、ジェダイ・マスターをひるませた。地面に倒れたインフィラに代わり、アレックスがヴェイダーに挑みかかったが、シス卿はこのトレーニング・ドロイドをテレキネシスで空中に押し留め、腕を引きちぎってライトセーバー訓練用武器を奪った後、山頂から放り投げた。既に満身創痍でありながら挑んでくる相手の姿を見て、インフィラはヴェイダーが単に自分を殺しに来たのではなく、ライトセーバーを奪いに来たのだと気づいた。インフィラはヴェイダーとの対決に臨んだが、敵が思いがけず弱いことから、ヴェイダー1人でジェダイ・オーダーを滅ぼせたわけがないと考えた。ヴェイダーにマスターがいることまで読み通したインフィラは、ヴェイダーを倒した後はマスターも倒し、銀河系にジェダイの光を取り戻すと宣言した。その後、インフィラは力尽きて抵抗できなくなったヴェイダーをフォースで崖の底へ突き落とした。[1]

決着

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

力と能力

Arex Jedi training droid

アレックスとの戦闘訓練

ジェダイ・オーダーの活発なメンバーだった頃、キラック・インフィラはライトセーバーでの戦闘に特化していた。バラシュの誓いを立ててオルドリームのジェダイ修道院で隠遁生活を送るようになった後も、彼はアレックスという名のジェダイ・トレーニング・ドロイドを相手に自らの技術を磨いていた。インフィラのライトセーバーの技術は、シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーにも太刀打ちできるほどだった。ヴェイダーはまだライトセーバーを持っていなかったため訓練用の剣を持ち、インフィラと対峙した時点で既にサイボーグの体に傷を負った状態ではあったが、このジェダイ・マスターの剣技に敵わず、敗北した。[1]

またインフィラはフォースの感覚能力を備え、オーダー66が発令された際には、ほとんどの仲間が命を落としたことに気づいた。また修行の際には、座禅を組んだ状態で空中に浮き、“パダワンの罠”をフォースで組み立てる集中力を維持しながら、背後からのアレックスの奇襲攻撃を防御することができた。また彼はダース・ヴェイダーの接近を事前に感知し、フォースを使ってパダワンの罠を高速で飛ばし、敵のスターシップを撃墜した。ヴェイダーによってフォースで首を掴まれた際には、ヴェイダーの体をフォースで押し飛ばし、攻撃を免れた。またインフィラはソロシアンの成人男性が1人では持ち上げられないほど重い宇宙船の部品をフォースで浮かせることができた。ヴェイダーとの2度目の対決では、またしても剣技では引けを取らなかったが、アンバラー・シティの壊滅を阻止しようとしたため隙ができてしまった。インフィラはダムの決壊をフォースで押し止めようといてたときに首を絞められて息絶えた。[1]

装備

Kirak Infilas lightsaber

キラック・インフィラのライトセーバー

キラック・インフィラのライトセーバーは緑色のプラズマ・ブレードを発し、がわずかに曲線を描いていた。インフィラは普段白いズボンと黒いベルト、茶色いブーツを身に着けていたが、オルドリームのリバー・ムーンから旅立とうとした際には、茶色のジェダイ・ローブを羽織った。またインフィラは灰色のデルタ7イーサスプライト級軽インターセプターを所有し、アンバラー・シティのガレージに預けていた。帝国時代初期、この船はすぐに飛び立てる状態ではなく、修理と再整備が必要だった。ヴェイダーはインフィラを殺して彼のライトセーバーを奪い、内蔵されていたクリスタルを赤く染めた後、しばらくこのセーバーを使い続けた。[1]

制作の舞台裏

キラック・インフィラは2017年に発売された正史コミックスター・ウォーズ:シスの暗黒卿 帝国の爪牙』(チャールズ・ソウル作、ジュゼッペ・カムンコリ画)に登場するキャラクターである。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。