Fandom


キルン71(Killun 71)は白い惑星軌道を周回していた霧のである。帝国時代、キルン71には帝国保安局キルン・ステーションが置かれていた。

特徴

衛星キルン71は白い惑星軌道を周回していた。大気が霧の層に包まれていたため、宇宙から見ると緑の球体で、大気圏内から見た空も鮮やかな緑色だった。キルン71の地表には巨大な岩山が突起した地形が広がっており、入植は困難だった。

歴史

Killun 71 DB

キルン71

キルン71には過酷な地形が広がっていたため入植は困難だったが、銀河帝国はこの星にキルン・ステーションと呼ばれる帝国保安局基地を設置していた。キルン・ステーションでは機密情報や帝国の惑星の軌道進入許可コードなどが管理されていた。2 BBYスペクターズ反乱分子のスパイであるC1-10PAP-5がキルン・ステーションに侵入し、ロザルへの許可コードを盗み出した。しかし、帝国情報局の管理官LT-319はC1-10Pを遠隔でハッキングし、反乱軍基地の場所を突き止めるため一時的に彼を制御下に置いた。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。