Queicon.png

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

クローン戦争中の20 BBY惑星キロス独立星系連合銀河共和国戦いが発生した。キロスはもともと中立の惑星で、トグルータの植民者たちが平和的な暮らしを送っていたが、連合軍バトル・ドロイドによって不当に侵略された。銀河共和国はキロスに援軍を送ったが、彼らが到着したとき既に連合軍はアーティザン・コロニーの制圧を完了しており、植民者は1人残らず姿を消していた。連合軍はザイゲリアン奴隷帝国と手を結んでおり、コロニーで捕虜にしたトグルータを奴隷として惑星ザイゲリアへ連れ去ったのである。ジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカー率いる共和国軍はコロニーに残っていたバトル・ドロイドと戦い、この街が無人になっていることに気づいた。

分離主義勢力を率いるザイゲリアンダーツ・ドナー司令官はあらかじめコロニーの各地にサーマル・アナイアレイター爆弾を仕掛けており、交渉にやってきたケノービに降伏を迫った。しかしケノービはドナーと格闘戦を繰り広げることで時間を稼ぎ、その間にスカイウォーカーとパダワンアソーカ・タノが全ての爆弾を解除した。ドナーは計画が看破されても負けを認めず、奴隷船テコラ>に乗って逃走を図る。スカイウォーカーとタノは離陸した船体に飛び乗り、貨物区画に収容されていた触手クリーチャーのブリクサスを倒した。ドナーはタノによって取り押さえられ、ザイゲリアンが奴隷帝国の再建を企てていることや、トグルータが奴隷として売られる予定であることをスカイウォーカーに明かした。その後、3人のジェダイとクローン・キャプテンCT-7567はトグルータの植民者を救い出すためザイゲリアの任務を開始した。

登場エピソード

参考資料

脚注

クローン戦争
銀河系のタイムライン

前:分離主義危機

次:ジェダイの粛清 · 初期反乱運動

クローン戦争の戦い
22 BBY ジオノーシス · ヒスリック · アンター4 · 共和国兵員輸送船 · コーヴェア宙域 · クドIII · クリストフシス(I) · テス(I) · ジャバの宮殿(I) · ズィロの宮殿 · アーゴナー · ライロス · ルゴサ · マレヴォランス戦役アブレガド · リンデリア星系 · カリーダ星雲(I) (II)· ミンバン · リシ・ムーン · ファリーン · ボサウイ · 外回廊 · スカイトップ・ステーション · ローディア(I) · トランクィリティ · ヴァセック3 · ヴァンコア(I) · フローラム(I) · クエル · マリダン · オルトー・プルトニア
21 BBY ナブー研究所 · フェルーシア(I) · デヴァロン(I) · フェルーシア医療ステーション · マラステア · ケイト・ニモーディア(I) · マーカナ · ドーリン · ジオノーシス(II) · ステッドファスト · マージ · ヴァルト · グレインジ · サルーカマイ(I) · 共和国クルーザー · コロネット · コルサント(I) · カミーノ · パントラ · 元老院人質事件 · テス(II) · コルサント中央送電網 · 連合市民への攻撃
20 BBY サラスト · デヴァロン(II) · トイダリア · ローラ・サユー · フェルーシア(II) · モン・カラ · ナブー(II) · パティタイト・パトゥーナ · アディ・ガリアの救出 · アンバラ · キロス · シード · オンダロン · ケノービ艦隊 · フローラム(III) · オート=オー · アバファー · カリダ
19 BBY
アウター・リム包囲作戦
ケイト・ニモーディア(II) · リンゴ・ヴィンダ · バトゥー · モキヴジ · スキピオ · ウータパウ(I) · マラニー · ラクサス · ハルウン・コル · ヴィズラ・キープ09 · クインラン・ヴォスの救出 · クリストフシス(II) · ジェダイ・テンプル · アナクセス · スカコ・マイナー · カルドア · マイギートー戦役第三次 · 第四次· ロコリ · ジオノーシス(III) · コルサント(II) · サルーカマイ(II) · ブラッカ · キャッシーク · ウータパウ(II) · フェルーシア(III) · カラー · ムスタファー(III)
その他 アガマー · アーカックス・ステーション · ブレイ · クラブロン · コーム · レディヴ · セドラティス · スラグ・ピット
関連記事
銀河共和国 · ジェダイ・オーダー · シス · 独立星系連合

銀河帝国 · オルデラン難民会議 · 連合=共和国和平交渉案
連合=共和国和平会談 · 共和国戦略会議 · シャドウ・コレクティヴ

  [Source]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。