Fandom


Atticon

この記事の題名はニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

この記事は正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

「奴ら倒れないぞ!」
「引き返そう!」
―ギアシフトと同僚のトルーパー[出典]

ギアシフト(Gearshift)は共和国グランド・アーミー第212攻撃大隊に所属したクローン・トルーパーのニックネーム。クローン・コマンダーコーディジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービに付き従い、第二次ジオノーシスの戦いに参加した。ジェダイ・マスタールミナーラ・アンドゥリが行方不明になった時、ケノービとアナキン・スカイウォーカーはギアシフトらを連れてジオノージアンプロゲイト寺院を調査した。ギアシフトはキ=アディ=ムンディの応援部隊を呼ぶため寺院から出ようとしたが、ジオノージアン戦士のゾンビに襲われ、命を落とした。

経歴

ギアシフトは賞金稼ぎジャンゴ・フェットクローンで、銀河共和国のために戦うクローン・トルーパーとして惑星カミーノで製造・育成された。ギアシフトはジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービクローン・コマンダーコーディが指揮を執る第212攻撃大隊の所属となり、クローン戦争独立星系連合バトル・ドロイド軍団と戦った。戦争の最初の戦場であるジオノーシスで分離主義者のジオノージアンが蜂起すると、共和国グランド・アーミーは惑星の再征服作戦を開始する。ケノービ、アナキン・スカイウォーカーキ=アディ=ムンディルミナーラ・アンドゥリ将軍の率いる部隊が新ドロイド工場を破壊した後、ジオノージアンの指導者ポグル・ザ・レッサー大公の捜索が始まった。大公を追ってプロゲイト寺院へ向かったアンドゥリ将軍の消息が途絶えると、ケノービとスカイウォーカーが彼女の救出に向かうことになった。

ギアシフトも救出チームの一員としてプロゲイト寺院を訪れた。彼らはこの寺院にカタコンベがあることを突き止め、地下で不死身のジオノージアン戦士と遭遇する。この戦士たちはカリーナ・ザ・グレート女王ブレイン・ワームに操られており、ブラスターライトセーバーの攻撃が通用しないゾンビだった。ケノービはムンディの援軍を呼ぶためコムリンクを使おうとしたが、地下深くにいたため信号が届かなかった。彼はギアシフト他1名のトルーパーを地上に送り、ムンディと連絡を取ろうとしたが、ギアシフトたちは地上へ戻る途中でゾンビに襲撃され命を落としてしまう。

個性と特徴

「ここから出られると思うとホッとするぜ。薄気味悪いところだ」
―ギアシフト[出典]

他のクローン・トルーパーと同様、ギアシフトの身長は1.83メートルだった。彼は上官であるケノービ将軍の命令に忠実に従った。ギアシフトは不死身の戦士が潜むプロゲイト寺院の地下墓地に不快感を示していた。

装備

ギアシフトは第212攻撃大隊を象徴するオレンジのペイントが施されたフェイズIクローン・トルーパー・アーマーを装着し、DC-15Aブラスターを携帯した。プロゲイト寺院を訪れた時、彼はヘルメットの側部にライトを取り付けた。

登場作品

参考資料

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。