Queicon.png

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

新共和国時代、銀河帝国残存勢力のひとつがモフギデオンによって率いられていた。彼らはかつて帝国の惑星だったネヴァロアジトを持ち、ストームトルーパースカウト・トルーパーデス・トルーパーなどの兵力を有していた。

9 ABY、残存勢力は“ザ・チャイルド”と呼ばれる貴重なエイリアンの幼児を手に入れるため、“クライアント”を通じて賞金稼ぎギルドのメンバー“マンダロリアン”を雇った。しかしマンダロリアンはザ・チャイルドを手に入れた後で心変わりし、クライアントを裏切ってこの幼児を連れ去った。

この事件の後、残存勢力はネヴァロの街を占領した。やがてマンダロリアンはクライアントと決着をつけるためグリーフ・カルガキャラシンシア・デューンとともにネヴァロの街に戻ったが、クライアントはギデオン直属の兵士によって殺され、ギデオン本人がマンダロリアンたちの前に立ちはだかった。

歴史

帝国の残党

銀河帝国銀河内戦に破れ新共和国の時代が始まると、かつて帝国保安局のメンバーだったモフギデオンは、自身の残存勢力を率いるようになった。この残存勢力は帝国の領土だった火山惑星ネヴァロにアジトを持っていた。[4] 9 ABY当時、このアジトには“クライアント”や科学者ドクターパーシング、護衛のストームトルーパーらが配属されていた。[2]

賞金稼ぎギルドとの取り引き

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。