Blue-question-mark.png

この記事のタイトルは正式名称ではありません。

正式名称が不明のため、記事名に仮のタイトルが使われています。

「帝国に栄光あれ」
―モフ・ギデオン[出典]

新共和国時代、銀河帝国残存勢力のひとつがモフギデオンによって率いられていた。彼らはかつて帝国の惑星だったネヴァロアジトを持ち、ストームトルーパースカウト・トルーパーデス・トルーパーなどの兵力を有していた。

9 ABY、残存勢力は“ザ・チャイルド”と呼ばれる貴重なエイリアンの幼児を手に入れるため、“クライアント”を通じて賞金稼ぎギルドのメンバー“マンダロリアン”を雇った。しかしマンダロリアンはザ・チャイルドを手に入れた後で心変わりし、クライアントを裏切ってこの幼児を連れ去った。

この事件の後、残存勢力はネヴァロの街を占領した。やがてマンダロリアンはクライアントと決着をつけるためグリーフ・カルガキャラシンシア・デューンとともにネヴァロの街に戻ったが、クライアントはギデオン直属の兵士によって殺され、ギデオン本人がマンダロリアンたちの前に立ちはだかった。

歴史

帝国の残党

銀河帝国銀河内戦に破れ新共和国の時代が始まると、かつて帝国保安局のメンバーだったモフギデオンは、自身の残存勢力を率いるようになった。この残存勢力は帝国の領土だった火山惑星ネヴァロにアジトを持っていた。[4] 9 ABY当時、このアジトには“クライアント”や科学者ドクターパーシング、護衛のストームトルーパーらが配属されていた。[2]

賞金稼ぎギルドとの取り引き

軍隊

「奴らはバンサの横っ腹すら撃ち損じる」
ストームトルーパーについて、アックス・ウォーヴス[出典]

ギデオンは銀河内戦終結後に解体された帝国軍の残党を指揮した

ギデオンの帝国軍残存勢力は旧帝国の軍事力を引き継ぎ、モフの目的のために活動する独自の軍隊を有していた。この軍隊はネヴァロの街を占拠して支配下におけるだけの規模と戦力を持っていた。ギデオンの勢力の前線を形成する歩兵は、ストームトルーパースカウト・トルーパーインシネレーター・トルーパーアーティレリー・ストームトルーパーショアトルーパーなどから構成された。ネヴァロでクライアントの護衛につけられていたストームトルーパーをはじめ、ギデオンの軍隊の一部の兵士はくたびれた装備を身に着けていた。またエリートのデス・トルーパーもギデオンに仕え、モフの護衛部隊を形成していた。生きた兵士に加え、ギデオンはドロイドのダーク・トルーパーも保有していた。旧帝国と同様、帝国軍残存勢力には艦長保安士官甲板士官砲術士官通信士官など、さまざまな階級と役職に従事する帝国軍将校たちが仕えていた。

残存勢力は標準的なE-11ブラスター・ライフルSE-14r軽連射式ブラスターE-22ブラスター・ライフルDLT-19重ブラスター・ライフルなどの兵器を使用し、固定砲台としてEウェブ重連射式ブラスター砲を使うこともあった。またスカウト・トルーパーはEC-17ホールド=アウト・ブラスター、デス・トルーパーはE-11Dブラスター・カービンC-25破砕性グレネードなどの装備を携帯していた。

ギデオンの軽クルーザー

ギデオンの帝国軍残存勢力はネヴァロにおける戦闘でK79-S80帝国軍兵員輸送機74-Zスピーダー・バイクなどのビークルを動員した。またネヴァロの帝国軍基地にはトレクスラー・マローダーやスピーダー・バイク、兵員輸送機、アウトランドTIEファイターなどの戦力が配備されていた。このTIEシリーズの戦闘機は従来のTIE/ln制宙スターファイターと違ってソーラー・コレクター・パネルを折りたたむことができ、専用のハンガー施設が無くともパイロットコックピットから乗り降りすることができた。また帝国軍残存勢力ではRA-7プロトコル・ドロイドが使用されており、そのうちの1体は帝国軍がネヴァロの街を占領した時に、クライアントとともにカンティーナにいた。またもう別の1体は、ギデオンの軽クルーザーに乗り込んでいた。

モフ・ギデオンは独自の艦隊を指揮していた。この艦隊では、ギデオン自身が乗り込む軽クルーザー1隻と、改造型のゴザンティ級クルーザー、アウトランドTIEファイター、帝国軍兵員ドロップシップなどの艦船が使用されていた。

制作の舞台裏

ギデオンの帝国軍残存勢力は2019年11月12日Disney+ で配信が始まった実写TVシリーズ『マンダロリアンシーズン1チャプター1:マンダロリアン』(デイヴ・フィローニ監督作)で初めて登場した。[2] ただし指導者であるギデオン本人の初登場作品は『チャプター7:罪』である。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。