Wookieepedia
Advertisement
「もしも奇跡が起きてここを出られたら、タトゥイーンに捜しに来い」
「タトゥイーンに何があるんだ?」
「仕事の話を耳にした。大物のギャングが手下を集めているらしい」
トバイアス・ベケットハン・ソロ[出典]

グアヴィアン・デス・ギャング

ギャングスター(Gangster)、略称ギャング(Gang)は犯罪者や犯罪組織のメンバーを差す言葉である。ジャバ・デシリジク・ティウレを始めとするハット種族のメンバーは銀河系を股に掛けるギャングスターとして知られ、ハット・クランと呼ばれる大規模な犯罪帝国を率いていた。

銀河系にはシカトロ・ヴィザーゴ率いるブロークン・ホーン・シンジケートカンジクラブグアヴィアン・デス・ギャングハドレックス・ギャングといったギャングスターの組織が存在した。

犯罪社会

「陛下をそんなところへお連れすることはできません。ハットどもはギャングです」
クァーシュ・パナカ[出典]

オナカー・ギャング

ギャングたちが属す裏社会は時代によって刻一刻と形や構造を変えていた。犯罪社会は幾世代を経て階層化され、帝国時代には5大シンジケートクリモラ・シンジケートブラック・サンクリムゾン・ドーンパイク・シンジケートハット・クラン)によって牛耳られていた。裏の商売で生計を立てるため、多くの犯罪者はこうしたシンジケートのどれかに対して一時的、もしくは束縛的な忠誠を誓っていた。それ以外の者は、独立して生き延びていくために充分な金を確保する必要があった。[1]

政府による法が行き届かない土地では、シンジケートによる“を払え、さもなくば殺す”というシンプルな脅しが容易く成立した。この手の脅迫は無力な人々に有効であり、多くの犯罪組織の活動を支える収入源となっていた。[1] 犯罪シンジケートは食料や医薬品、ハイパー燃料といった資源をめぐって競い合う関係にあったが[2]、ギャング同士の抗争を始めようとする親玉はほとんどおらず、必然的に裏社会はヒエラルキーと縄張りによって定義される、不穏な安定状態に落ち着いていた。また犯罪組織は法執行機関や司法省、政府の議員、そして軍隊など、ほぼあらゆる合法的機関とある種の共生関係にあった。[1]

犯罪組織の構成員

「当面、ドライデンの縄張りと所有権はお前が管理しろ」
キーラに対し、モール[出典]

ハットの犯罪王、ジャバ

ギャングはしばしばシンジケート(Syndicate)やカルテル(Cartel)、ギルド(Guild)、ギャング団(Gangs)といった犯罪組織を構成した。組織化された犯罪グループでは階級制度が用いられ、シンジケートの指導者は犯罪王と呼ばれた。犯罪王に仕えるヴィゴまたはアンダーボスは、他勢力との同盟締結や処刑執行などの命令を下した。その下に仕える副官は、特定の縄張りの運営を任された。[1]

副官より下は、裏社会に仕事を求める者たちの雑多な階級・職種によって構成された。以下はその例:[1]

登場作品

参考資料

脚注

外部リンク

Advertisement