Fandom


「皇帝陛下は亡くなったのでは…」
「反乱軍のプロパガンダを信じるのか! 反逆行為だぞ」
―ギュリン中尉ラー・デュヴァット艦長[出典]

ギュリン(Gulin)は人間男性で、銀河内戦中に帝国宇宙軍に仕えた中尉インペリアルII級スター・デストロイヤートーメント>に乗艦していた。エンドアの戦いの直後、ギュリンは皇帝シーヴ・パルパティーンんだという報せを耳にする。センチネルが皇帝からの指令を<トーメント>に伝達した後、ギュリンは思わず皇帝は亡くなったはずなのではと発言し、ラー・デュヴァット艦長から叱責を受けた。その後、<トーメント>はシンダー作戦を遂行するためナブーへ向かい、ギュリンはデュヴァットの指示に従って気候操作網を展開させた。

登場エピソード

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。