Fandom


「ここは隔離惑星ですぞ。協定に明記されている通り…」
ウタニ・ゼーン[出典]

クアランティン・ワールドIII(Quarantine World III)は銀河系カリダイン・スペース小惑星に築かれた巨大な隔離施設。帝国時代カリダインウタニ・ゼーンがこの施設で学芸員を務め、B2スーパー・バトル・ドロイドドロイデカが警備に使用されていた。

歴史

クアランティン・ワールドIIIにはトリプル=ゼロ人格マトリックスが保管されていた。これはプロトコル・ドロイドのプログラムだったが個性に問題があったため、隔離施設に保管されることになった。ヤヴィンの戦いの直後、盗賊考古学者チェリ・ローナ・アフラがクアランティン・ワールドIIIに潜入し、人格マトリックスを盗み出そうとした。アフラが学芸員ウタニ・ゼーンに捕えられた直後、彼女を捜していたシス卿ダース・ヴェイダーが隔離施設にやってきた。ヴェイダーは警備用ドロイドを倒してゼーンを殺害し、マトリックスを回収したアフラを連れてクアランティン・ワールドIIIを後にした。[1]

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。