Fandom


クイミ・エニッサ(Kuimi Enissa)は人間女性で、ファースト・オーダー=レジスタンス戦争の時代に活動した海賊。彼女は若くしてルミニ海賊団の幹部となり、ファースト・オーダーの攻撃で組織が壊滅した際に唯一の生存者となった。ホズニアン事変が発生した際、エニッサはあまりのことに知らぬ存ぜぬの態度を貫いたが、惑星キジーミがファースト・オーダーの占領を受けたことでそのスタンスに変化が生じた。[1]

制作の舞台裏

クイミ・エニッサは2019年12月20日公開のシークエル・トリロジー最終作『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』(J・J・エイブラムス監督)で初登場を果たした。[2] また、キャラクター名は映画公開日に発売されたパブロ・ヒダルゴによる設定資料集『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション』で初めて判明した。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。