Fandom


「クオレンに権力を!」
―同盟のメンバー[出典]

クオレン孤立主義同盟(Quarren Isolation League)はクローン戦争期に結成されたクオレン種族の組織。モン・カラマリ王政の世襲制に不満を唱え、クオレンによる惑星モン・カラの支配を求めた。

歴史

クオレン孤立主義同盟はノーソア・ライによって率いられた。モン・カラマリのヨス・コリーナが暗殺された後、ライは指導者として未熟なリー=チャー王子ではなく、クオレンが惑星の新支配者になるべきだと主張した。ライはもともとコリーナ王の友人だったが、独立星系連合リフ・タムソン司令官に利用され、分離主義者の言いなりになっていた。ドゥークー伯爵と共謀していたタムソンは、コリーナ王を暗殺することでモン・カラに住む2種族の対立を煽り、最終的に惑星とその住民全体を独立星系連合の支配下に置こうと企んでいたのである。

タムソンはモン・カラマリや銀河共和国クローン・スキューバ・トルーパーを倒すためアクア・ドロイドトライデント級アサルト・シップハイドロイド・メデューサといった兵器をモン・カラのに持ち込んだ。クオレンの兵士も戦いに参加し、モン・カラマリ・ガードと火花を散らした。しかし、タムソンやドゥークーが惑星を搾取するつもりであることを知ったライは、分離主義勢力に囚われたリー=チャー王子を解放し、圧制者を追い出すため再びモン・カラマリと手を取り合った。タムソンを倒した後、クオレンはリー=チャーを新しい王として受け入れ、2種族の間に平和が戻った。

登場エピソード

参考資料

独立星系連合
指導者 ダース・シディアス - ドゥークー伯爵国家主席) - グリーヴァス将軍ドロイド軍最高司令官
分離主義評議会 ヴァイスロイヌート・ガンレイ - ルーン・ハーコ - ポグル・ザ・レッサー大公 - エマーワット・タンバー監督者 - サン・ヒル会長 - パッセル・アージェンテ監督官 - シュ・マーイ会頭 - ポ・ヌードー - ティッケス元老院議員
分離主義元老院 ヴォー・アテル - バイ・ブラス - ミーナ・ボンテリ - アミータ・フォンティ - カーチ・クシ - ベック・ラワイズ - パン・リンバウド
主な参加勢力 トレード・フェデレーション - テクノ・ユニオン - バクトイド・アーマー・ワークショップ社 - インターギャラクティック銀行グループ - コマース・ギルド - コーポレート・アライアンス - クオレン孤立主義同盟 - リテイル・コーカス
関連用語 シャドウフィード - 分離主義危機
連合軍
組織 分離主義勢力ドロイド軍 - 分離主義勢力宇宙軍 - アンバラン民兵 - オンダロン近衛兵
バトル・ドロイド B1型ロケット - グラップル - ファイアファイター) - B2型B2-HA - B2-RP - ロケット・トルーパー - グラップル) - OOM型コマンド - セキュリティ - パイロット) - ドロイデカシャープシューター) - アクア・ドロイド - オクトゥプタラ・ドロイド - クラブ・ドロイド - デモリッション・ドロイド - ドロイド・コマンドー - ドワーフ・スパイダー・ドロイド - ドロイド・ガンシップ - バズ・ドロイド - ヘイルファイア級ドロイド・タンク - ホーミング・スパイダー・ドロイド - マグナガード - LR-57 - SD-K4
ビークル AAT - DDT - スーパー・タンク - MTT - NR-N99 - STAP - プロヴィデンス級 - ミュニファスント級 - レキューザント級 - ルクレハルク級 - サブジュゲーター級 - ハードセル級 - プンウォーカ116級 - トライデント級 - シーシピード級 - C-9979着陸船 - DH全能支援船 - ドロイド・トライ=ファイター - ナンテックス級 - ヴァルチャー・ファイター - ハイエナ級ボマー - ベルブラブ22 - ローグ級スターファイター
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。