Fandom


「わたしたちは略奪者ではない。同盟よ。そして戦争は始まったばかり」
―エンフィス・ネスト[出典]

クラウド=ライダーズ(Cloud-Riders)、別名エンフィス・ネストの略奪団(Enfys Nest's marauders)は帝国時代エンフィス・ネストが率いた盗賊団、反乱組織である。アウター・リム・テリトリーにおいて名高いスウープギャングである彼らは、マスクで素顔を隠して略奪行為を働いた。クラウド=ライダーズの標的は一見すると無作為だが、実際はクリムゾン・ドーンの事業に対して特別な敵意を抱いており、たびたびこの犯罪シンジケートの活動を妨害した。

10 BBY、ネストとクラウド=ライダーズは惑星ヴァンドアトバイアス・ベケットギャング団対立し、コアクシウムの強奪作戦を阻止することに成功した。その後、ベケットたちが別の方法で未精製コアクシウムを入手すると、クラウド=ライダーズはビス精製所がある惑星サヴァリーンを訪れ、彼らの説得を試みた。その結果、ベケットの仲間であるハン・ソロがネストたちの味方につき、クリムゾン・ドーンを出し抜くのに力を貸した。クラウド=ライダーズはサヴァリーンにおける戦闘でシンジケートの兵士たちに勝利し、反乱運動に使うコアクシウムを確保することに成功した。

メンバー

制作の舞台裏

クラウド=ライダーズという名称は、1977年発売の最初期のスピンオフ・コミックに登場するスウープ・ギャングが元ネタになっている。脚本家のジョン・カスダンがTwitter上で明かしたところによると、クリストファー・ミラーフィル・ロード監督(当時)が映画にスウープ・バイクを登場させることに決めた後、制作陣がWookieepediaをネットサーフィンしていた時にレジェンズクラウド=ライダーズの記事を発見し、名前を採用することに決めたのだという。映画の初期台本では、エンフィス・ネストの略奪団はスウープではなくバンサIIカーゴ・スキッフに乗ってコンヴェイエクスを攻撃することになっていた。[5]

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
  2. スター・ウォーズ:銀河系の女性たち
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 4.6 スター・ウォーズ:カード・トレーダー
  5. TwitterLogo @jonkasdan(Jon Kasdan) - Twitter. “Not a coincidence at all. In the earliest drafts of the script Enfys Marauders attacked the Conveyex on Bantha II skiffs. When Chris & Phil decided they wanted to do swoop bikes instead, we found the Cloud Riders on Wookieepedia, from above Marvel comic, and it STUCK.”
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。