Fandom


「帝国の輸送船を盗んだって?」
チョッパーに対し、ヘラ・シンドゥーラ[出典]

クラス4コンテナ輸送船(Class four container transport)、通称帝国貨物船(Imperial cargo ship)は銀河帝国が使用したハイパースペース航行用大型貨物船。船体は四面体で、船尾に大量の貨物コンテナをドッキングすることができた。船内では在庫管理ドロイドが貨物輸送や乗組員に関するあらゆる情報を管理していた。ヤヴィンの戦いの3前、ホライズン基地から出発した帝国貨物船の241号反乱者アストロメク・ドロイドチョッパーに盗まれた。

特徴

Cargo ship bridge

ブリッジ

クラス4コンテナ輸送船、通称帝国貨物船は大量の貨物を運搬するために設計された四面体のスターシップである。ブリッジは前方最上部の細長く突き出た区画に設置されており、帝国軍軽クルーザーのブリッジとよく似ていた。帝国貨物船は後部に最大126台の大型貨物コンテナをドッキングさせることができた。コンテナ接続部分の両脇と下部には3基の亜光速エンジンが配置されていた。

帝国貨物船には亜光速ドライブに加えてハイパースペース航行用のハイパードライブも搭載されていた。また、この貨物船は船首に2連ターボレーザー砲塔2基、側部にレーザー砲塔2基を搭載していた。各貨物船には在庫管理ドロイドが割り当てられ、あらゆる積み荷と乗組員の目録を管理していた。また、貨物船には警備のストームトルーパーが数名乗り込んだ。

帝国貨物船は大量の貨物コンテナを宇宙港から別の宇宙港へと運ぶ役割を担っていた。

歴史

Jettisoned cargo

チョッパーが盗んだ帝国貨物船

帝国貨物船は皇帝シーヴ・パルパティーンが支配する専制国家、銀河帝国のために使用された。ヤヴィンの戦いの3前、反乱者アストロメク・ドロイドC1-10P(チョッパー)はひょんなことからホライズン基地に停泊していた帝国貨物船の輸送船241に迷い込んだ。チョッパーは帝国に酷使されていた在庫管理係のRA-7プロトコル・ドロイドAP-5と親しくなり、彼の制御ボルトを外して自由の身にした。チョッパーは反乱軍艦隊へ戻るためこの貨物船を盗むことに決め、ストームトルーパー部隊をコンテナ区画へ誘い出した後、コンテナを宇宙空間へ投棄した。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。