Fandom


Atticon

この記事の題名はニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

この記事は正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

「戦では何が起きるかわからん。戦って生き残れる保証も、勝利を得られる保証もない。だが、これだけは保証してもいい。お前たちクローン・ユース旅団には生の戦場が待っている。そこでお前たちは候補生から本物の兵士に変わるのだ。どんな厳しい訓練も、目の前の死にどう対処するかは教えてくれない。その時どうするか、どんな兵士になるか、それはお前ら次第だ」
―クラッシャー[出典]

クラッシャー(Crasher)はクローン・ユース旅団候補生たちを監督したクローン・サージェントのニックネーム。

経歴

クローン戦争中、クラッシャーはクローン・ユース旅団を引率してヴェネター級スター・デストロイヤーエンデュアランス>に乗艦し、一人前のクローン・トルーパーが働く現場を候補生たちに見せつけた。この時、ジェダイ将軍メイス・ウィンドゥの命を狙うボバ・フェットが候補生に扮して旅団に紛れ込んでいた。ボバが艦の反応炉を破壊した後、クラッシャーはキリアン提督の指示に従い候補生を脱出ポッドへ案内した。ボバと候補生3名が乗り込んだポッドは一時行方不明になったが、すぐにアナキン・スカイウォーカーとウィンドゥによって発見され、クラッシャーは安堵のため息をついた(ボバは仲間の賞金稼ぎと合流して既に逃げ去っていた)。

登場エピソード

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。