Fandom


<クラム・ボマー>(Crumb Bomber)はクローン戦争で使用された銀河共和国LAAT/iガンシップである。

特徴

Kowakian mascot

ノーズ・アート

<クラム・ボマー>はクローン戦争で使用された低空強襲トランスポート/兵員用である。他のガンシップと同じくさまざまな兵器を搭載していたが、コックピットの左右の合成ビーム・レーザー砲塔は取り外されていた。<クラム・ボマー>の船体には爆弾を持つコワキアン・モンキー=リザードノーズ・アートが描かれ、オーラベッシュのアルファベットで「笑い飛ばせ」(Laugh This Off)という文章が書かれていた。

歴史

クローン戦争

22 BBY、<クラム・ボマー>はワイルド・スペース惑星テスにおける戦いに参加した。また、<マレヴォランス>との戦いが繰り広げられていた頃には、ヴェネター級スター・デストロイヤーレゾリュート>に格納されていた。リシ・ムーン戦闘が発生した後、<クラム・ボマー>は生存者の回収に派遣された。

21 BBY、<クラム・ボマー>は独立星系連合の占領下にある惑星ライロスへ派遣され、共和国の兵士を地上へ下ろす兵員輸送船としての役割を果たした。ジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービもこのガンシップで地上に降りた。

帝国時代

Old Jho Pit Stop

ガンシップが飾られたオールド・ジョーズ・ピット・ストップの入り口

帝国時代アウター・リム・テリトリー惑星ロザルにあるカンティーナオールド・ジョーズ・ピット・ストップの入り口に<クラム・ボマー>と同じノーズ・アートが描かれたガンシップの船首が飾られていた。カンティーナのオーナーであるアイソリアンジョーは、このガンシップは本物のクローン戦争の残骸だと主張していた。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。