Wookieepedia
Advertisement

「ひとたびクリムゾン・ドーンに入った者は、二度と去ることはない」
ドライデン・ヴォス[出典]

クリムゾン・ドーン(Crimson Dawn)は元シス卿モールによって率いられた犯罪シンジケートである。[2] ドライデン・ヴォスが表向きの指導者としてカレヴァラン・スター・ヨットファースト・ライト>から指揮を取った。[1] クリムゾン・ドーンは数ある犯罪組織の中でも特に冷酷と評判で、帝国時代に勢力を増したシンジケートのひとつだった。[3] 10 BBY当時、トバイアス・ベケットクルーはクリムゾン・ドーンのために働いていた。この年、ベケットのクルーは惑星ケッセルで未精製コアクシウム奪取することに成功した。しかしベケットの仲間のハン・ソロとヴォスの副官キーラは、コアクシウムを犯罪組織ではなく反乱運動に提供するため、ヴォスとベケットを出し抜いた。ヴォスとベケットはこの事件で命を落とし、ハンは組織から自由になった。しかしキーラはヴォスに代わってモールに仕え続け、<ファースト・ライト>に乗ってダソミアへ姿を消した。[2]

登場作品

ドライデン・ヴォス

参考資料

脚注

Advertisement