Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

クリムゾン・ドーンの印章リング(Signet Ring of Crimson Dawn)[3] は、犯罪組織クリムゾン・ドーンが保護されたデータ・システムを解除する際に使用した、専用の暗号が組み込まれた指輪である。この指輪は極めて高価で、組織の首領であるドライデン・ヴォスと、彼が最も信頼を置く幹部しかつけることを許されていなかった。この指輪は中央にクリムゾン・ドーンの紋章がかたどられたオーロディウムと辰砂のマトリックスがあり[2]、ヴォスのヨットファースト・ライト>の書斎にはマトリックスと接続するための端末があった。[1]

歴史

10 BBY、クリムゾン・ドーンに副官として仕えたキーラは、惑星サヴァリーンに寄港中の<ファースト・ライト>でドライデン・ヴォス殺害し、犯罪シンジケートの紋章が入った指輪を回収した。キーラはこの指輪を書斎のコンピューター端末に接続してホログラムの通信装置を起動し、クリムゾン・ドーンの影のリーダーであるモールに連絡を取った。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注