この記事は未邦訳の作品を扱っており、記事のタイトルは公式な邦題ではありません。

クルー・ホーンと狂乱の酒場』(原題:The Kloo Horn Cantina Caper)はアンソロジー『ある視点から見た物語』に収録されている短編小説である。作者はケリー・スー・デコニックマット・フラクション

あらすじ

アクメナへの借金を返すため、カーベは相棒のマフタックが持っていた黄金のクルー・ホーンを無断で古物屋へ持ち込んだ。この楽器はマフタックが昨晩、借金のカタとしてマイオから手に入れた物だった。そしてマイオは、本来の持ち主であるライリン・カーンが酒に酔っていた時、クルー・ホーンをギャンブルで勝ち取った。酔いから覚めたライリンは、あの楽器がなければグリードへの借金が返せないと気づき、賞金稼ぎジャス・パーを雇って取り戻そうとする。クルー・ホーンと借金によって複雑に絡まった関係を解くカギは、ドクター・エヴァザンが違法薬物に支払う報酬と、ハン・ソロの首に懸かった賞金だ。

登場人物・用語

目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物

動物

ドロイドの機種

出来事

地名

組織と称号

種族

乗物

技術と武器

その他

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。