Fandom


クレイツ・クロー(Krayt's Claw)は惑星タトゥイーンに拠点を置く賞金稼ぎのシンジケートである。若きボバ・フェットに率いられ、クローン戦争期に活動した。クレイツ・クローは主に5、6名の賞金稼ぎによって構成され、ボバとボスクC-21ハイシンガーラッツ・ラジィらは普段からチームに参加し、その都度さまざまな理由でオーケッドデンガーアサージ・ヴェントレスエンボといったその他のメンバーが任務に加わることがあった。

制作の舞台裏

ボバ・フェット率いる賞金稼ぎチームは、2012年3月2日に放送されたTVシリーズ『スター・ウォーズ クローン・ウォーズシーズン4のエピソード『その手に掴むもの』で初登場を果たした。「クレイツ・クロー」というチームの名称は、2018年発売の設定資料集『スター・ウォーズ:スカム・アンド・ヴィラニー』で初めて紹介された。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。