Fandom


「キューンはまるで予言者のようにオッサスでじわじわとシスの教えを広め、意思の弱いジェダイに働きかけて彼らをシスに改宗させていった。改宗者のなかには、かつての訓練仲間であるキャサーのクレイドもまじっていた」
銀河同盟の歴史文書[出典]

クレイド[1](Crado)は惑星キャサー出身のキャサー男性で、マスターヴォド=シオスク・バスジェダイアプレンティスである。クレイドは、同じくキャサーで、ライフ=メイト(恋人)であるシルヴァーや、人間エグザ・キューンたちとともに惑星ダントゥインフォースを学んだ。長年の間、クレイドはキューンとライバル関係にあった。しかしキューンがシスの暗黒卿になり、ジェダイ・オーダーの知識とシスの知識を結合させ、オーダーを革新させると約束したとき、クレイドは彼に従う道を選んだ。

エグザ・キューンに忠誠を尽くすため、クレイドはいくつかの任務を遂行した。その中で、クレイドはかつての恋人であるシルヴァーも含め、ジェダイ・オーダーと敵対する。やがてキューンは、銀河共和国とジェダイの艦隊を撃破するために、クレイドを自殺的な任務へと送り出した。ケンプレクスIXの戦いで、シス魔術によってつくり出された超新星の衝撃波が、クロン星団ジェダイ・ライブラリーの惑星、オッサスを破壊した。任務に失敗したクレイドも、この衝撃波によって命を落とした。

経歴

生い立ち

キャサーのクレイドは、メイト(恋人)であるシルヴァー人間エグザ・キューンとともに、平和な惑星ダントゥインの廃墟において、ジェダイ・マスターヴォド=シオスク・バスからジェダイ訓練を受けた。ヴォド=シオスク・バスは、かつてカール・トックデイス・ディアスショアネブ・スールといった優れたジェダイを訓練したマスターだったので、彼のもとで学べるのは、クレイドにとってとても名誉なことだった。ふたりのキャサーのジェダイにとって、エグザ・キューンは非常に才能のあるライバルだった。キューンはいつも決まってライトセーバー戦に勝利していた。エグザ・キューンの才能が自分よりも優れていると認めたクレイドは、キューンに自分を印象付けるため、彼に対して従順に振舞い、可能な限り彼の手助けをしようとした。

クラースの闘争

Crado2

クレイドとエグザ・キューン

クレイドはエグザ・キューンとライトセーバーの試合を行い、負傷した。シルヴァーもまた、この人間の見習いに挑んだが、同じように敗北しただけだった。3人の生徒たちのマスター、ヴォド=シオスク・バスはこの試合に介入し、強さと弱さに関して価値ある教訓を教えるため、杖だけを使ってエグザ・キューンと戦った。しかしクレイドはキューンを援助し、彼にもうひとつのライトセーバーを渡した。結果的に、キューンはこのライトセーバーでマスター・バスを負かす。キューンは自身が一人前のジェダイ・ナイトであると宣言し、古代のシスの知識を求めてダントゥインを去っていった。

この事件の後、ヴォド=シオスク・バスと残りのふたりの弟子は、惑星デネバジェダイ・オーダーの大規模な会合が開かれるという知らせを受け取った。この秘密会議は、クラースと呼ばれるダークサイド・カルトの台頭と、この組織による銀河共和国への度重なる攻撃を話し合うために開かれた。デネバへと向かう途中、クレイドはシルヴァーに求婚した。彼はふたりで故郷のキャサーに戻り、マスター・バスから授けられた知識を使って名声を得ようと提案した。シルヴァーはふたりで子供をもうける気はあるが、ジェダイ・オーダーを離れるつもりはないと答えた。

ジェダイたちは知らなかったが、クラースはジェダイの会合に対して陰謀を企てていた。ジェダイが今後とるべき対策を討論していたちょうどそのとき、改造型バトル・ドロイドを乗せた積荷が大会議場へと向かっており、ジェダイ・マスターたちの使用人ドロイドは彼らの主人を攻撃するよう再プログラムされていたのだ。マスター・バスとふたりのキャサーのジェダイは、ちょうどクラースのドロイドが攻撃を行っている最中にデネバに到着した。シルヴァーはノーミ・サンライダーとその娘、ヴィマを助け、戦闘において彼女自身の才能を発揮した。最終的にジェダイはクラースのドロイドに勝利することが出来たが、大きな損失を出してしまった。

シス大戦

ダークサイドの知識を求める旅から帰還し、ひそかに新しいシスの暗黒卿の称号を手にしていたエグザ・キューンは、図書館惑星オッサスへと向かった。この惑星には、クレイドを含む多くのジェダイが集合していた。キューンには、オッサスで果たすべき目的がふたつあった。ほかのジェダイ・ナイトたちからの支持を集めることと、ジェダイ・オーダーによって回収されていたシスの遺物を得ることである。クレイドはキューンの新たなるジェダイ・オーダーの公約をいち早く受け入れ、シスの護符(キューンは、この護符はジェダイ・マスターたちが弟子に秘密にしていたジェダイの遺物だ、と主張した)に惑わされた若きジェダイのひとりだった。

Crado7

他の若きジェダイとともにヤヴィン4に旅したクレイド

しかしエグザ・キューンは、自分の目的のためにより多くのジェダイを呼び寄せるには、シス・ホロクロンを手にいればならないと考えていた。惑星オッサスにある唯一のシス・ホロクロンは、ジェダイ・マスターのオダン=ウーアによって保管されていた。オダン=ウーアはキューンに抵抗し、キューンは彼を倒すためにシスの護符の新しい力を引き出さなければならなかった。オダン=ウーアが殺された現場に他のジェダイが到着すると、エグザ・キューンはマスター・ウーアはただ死んだだけだと言い張り、自分はジェダイ・マスターであると宣言した。さらに人数を増したジェダイの学生グループとともに、クレイドはキューンに従い、キューンのスターシップスターストーム・ワン>に乗ってヤヴィン第4衛星へと旅した。

ヤヴィンIVにおいて、クレイドと、エグザ・キューンに従う道を選んだほかのジェダイの転向者たちはテンプルに案内された。エグザ・キューンは、そこで栄光ある新オーダーに関し、さらに多くの約束を交わした。ジェダイの生徒のひとり、オス・ウィラムは、とテンプル周辺にダークサイドの影響を感じ、納得していなかった。ウィラムは船に戻ろうとしたが、マサッシたちに行く手を阻まれた。彼らは遠い昔に暗黒卿ナガ・サドウシス戦士として変形させた種族で、キューンの奴隷にされていた。マサッシの戦士が行く手をふさいでいたため、ウィラムは彼らと戦い、クレイドやほかのジェダイたちは彼の援助に駆けつけた。エグザ・キューンは急いで戦いを止め、マサッシは彼らの主人を守ろうとしている、単なる原住民であると説明した。テンプルに戻ると、キューンはホロクロンが実はジェダイの遺物ではなく、破壊しなくてはならないダークサイドのエネルギーの源、シス・ホロクロンであると説明した。エグザ・キューンはこの道具を強打して粉砕し、そのクリスタルの破片はジェダイの生徒たちの手のひらに埋め込まれた。これにはシスの精神によって彼らを制御する目的があり、クレイドを除く全員は暗黒卿にとって容易く騙まし込める存在だった。キューンはクレイドに、彼らに約束した知識を与えてやったのだと説明し、クレイドはこの説明を簡単に信じ込んだ。キューンを盲目的に賞賛していたクレイドは、自分の心の中にある疑惑をすべて封じ込めていたのである。

エグザ・キューンはジェダイや共和国に対してシス大戦を開始し、クレイドは信用のおける熱心な部下として、かつてのライバルのそばにとどまり続けた。ダークサイドの手下たちが惑星オッサスから彼らの個人用宇宙船を回収した後、キューンは極めて特殊な任務に彼らを送り出した。彼らは、キューンが望む新たなるジェダイ・オーダーの未来をつくるため、彼ら自身のジェダイ・マスターを殺すよう指示を受けたのである。キューン自身も、シス・アプレンティスウリック・ケル=ドローマを助け、マスター・ヴォド=シオスク・バスとの個人的決闘に臨むため、惑星コルサントへと赴く。一方クレイドは、ソンとして知られる、ウィラムのかつての師だった恐るべきチュークゼイを暗殺すべく、惑星アンブリアへと送り込まれた。

Crado4

かつての愛人シルヴァーに傷つけられたクレイド

アンブリアに到着したクレイドとオス・ウィラムはナス湖へ進んだ。そこは、かつてソンがダークサイドのモンスターヒシッスをなんとか封じ込めた場所だった。ふたりは新しいシスの力を引き出し、この猛獣たちを濁ったから召集し、彼らにソンの住処までの道のりを教わった。住居に近づいていったクレイドは、マスター・ソンに来客がいることに気づく。ノーミ・サンライダーとヴィマ、そしてクレイドのメイト、シルヴァーである。そこでクレイドは、猛獣たちを呼びシルヴァーを救うか、あるいは攻撃を続けさせて彼のライフ=メイトを殺してしまうかという決断に迫られる。クレイドはシルヴァーを裏切り、ソンの住居にいるものは全員死ぬことになると断言した。

ジェダイたちは間近に迫った危険を察知し、猛獣たちに対する防衛を急ぐ。ノーミとシルヴァーはライトセーバーを、ソンはその歯と爪で戦う準備をした。激しい戦闘の中で、ヒシッスはジェダイを圧倒した。しかし、オス・ウィラムの猛獣の制御力は、サンライダーの戦闘瞑想の技術にはかなわず、猛獣たちは無秩序と敗北に陥っていった。ソンはかつての弟子、ウィラムに戦いをやめさせた。そのためクレイドは、ひとりでジェダイに立ち向かうことになる。クレイドは独力では敵を破ることが出来ないとわかっていた。クレイドがシルヴァーに近づくと、このかつての恋人は、クレイドの顔を爪で引っかき、彼を裏切り者、殺人者と呼んだ。シルヴァーは、エグザ・キューンの手にかかりマスター・バスが悲惨な死を遂げたことについても、クレイドを非難した。クレイドはオス・ウィラムが残した宇宙船へと逃走し、新しいマスターの側に戻るためアンブリアを去っていった。

最後の任務

Crado6

最後の任務で指揮を執るクレイド

任務に失敗してヤヴィンIVのエグザ・キューンの基地に戻ったクレイドは、かつてのライバルに慈悲を請い、自分の価値を証明する新しいチャンスを求めた。しかしキューンは、もはやクレイドを使い捨てにした方がよいと考えたようである。キューンは、クレイドに彼が切望する新しい任務を与えた。クレイドは共和国艦隊を破滅に誘い込むための壮大な任務に出発することになった。彼は魔術師アリーマ・キートに同伴し、任務のためにアリーマの戦闘指揮官に任命されたのだった。

彼らは、ナガ・サドウがかつて共和国の軍隊から逃れるために使用した古代の旗艦コルセア>に乗り込んだ。<コルセア>は、かつて一度しか使用されたことがない、恐ろしい兵器を備えていた。この船のシス・クリスタルは、恒星のすさまじいエネルギーを操ることが出来る力を、使用者に提供したのである。

共和国艦隊の注意を引くために、<コルセア>はオーリル宙域クロン星団付近にあった巨大な宇宙ステーションケンプレクスIX攻撃した。ジェダイ・シャドウのデイス・ディアスやカール・トック、ショアネブ・スールたちが率いる艦隊が到着したとき、ステーションは既に破壊されており、古代のシスの戦艦はクロン星団の比較的安全な方向へと逃げていた。<コルセア>が恒星の間でスリップしたため、ジェダイはこの戦艦を追撃し、クレイドたちと対峙する。ジェダイがシスの旗艦に迫って砲撃を始めたため、アリーマはシス・クリスタルの猛威を発散し、クロン星団の10の恒星のひとつから、星の核を引き剥がし、敵艦隊に放った。共和国の宇宙船とそのジェダイの仲間は、あっという間に撃破されたが、その後思いがけない事態が発生した。

恒星の核は連鎖反応を起こして内側から爆発し、星の激しいエネルギーはどこへ向かうともなく外部に放出された。このとき、アリーマとクレイドは暗黒卿たちに裏切られていたことを知る。エグザ・キューンとウリック・ケル=ドローマは、兵器の力を適正に使用しなかった場合、逆効果を引き起こすであることをクレイドたちに説明していなかったのである。激しい放射線の波の中、クレイドはかつて学友だったキューンがなぜ自分を死ぬように仕向けたのか疑問に思いながら、命を落とした。エグザ・キューンを喜ばせていたのは、無条件に服従するその熱意に過ぎなかったが、クレイドは最後までそのことに気付かず、結局はそれを利用されて死ぬことになったのだった。

その後

Crado5

クレイドの死

クレイドがに、シス大戦が終結してから丸10経った後も、クレイドがダークサイドに転向し命を落としたことが原因で、シルヴァーはウリック・ケル=ドローマに憤りを覚えていた。このかつてのシス卿は自らの意思で隠遁生活を送っていたのだが、シルヴァーはそれでは十分な贖罪にはならないと考えていたのである。シルヴァーは、ケル=ドローマの罪を裁くようジェダイ・オーダーに働きかけた後、自分自身の手で問題を解決しようと決断する。彼女は惑星レン・ヴァーで元シス・アプレンティスを探し出し、彼を攻撃して殺そうとした。しかしクレイドの元恋人は、クレイドの復讐のためとはいえ丸腰の相手を殺すことは出来なかった。彼女はジェダイの教えを思い起こし、ケル=ドローマの殺害をあきらめた。しかし、ケル=ドローマを殺すことで栄光を手に入れようと考えたハッゴンという名のスペーサーが、直後にケル=ドローマを撃ち殺してしまった。また、クレイドはシルヴァーとともに、故郷の惑星で繊細な木の芸術作品として表現され、人々の記憶に残されていた。キャサーの同胞たちは、常にクレイドの窮境を思い起こし、シルヴァーがダークサイドに背を向けたことに元気づけられていた。しかしキャサーのジェダイたちは、キャサーの生来の本能がジェダイの教義に相反しているという思い込みを、大半の人々が抱いていることに落胆していた。

個性と特徴

Crado1

クレイドとその師、ヴォド=シオスク・バス

ヴォド=シオスク・バスの弟子だった頃、クレイドはエグザ・キューンによって幾度となく負かされ、エグザ・キューンが自分より優れたジェダイなのだという考えを持つようになった。しかし、マスター・バスやシルヴァーに対するエグザ・キューンの態度は、クレイドにとって良い兆候とは言えなかった。このことに関し、クレイドの根底にあった憤りは、マスター・バスとキューンとの決闘の際に砕かれる。クレイドはライバルのキューンに新しい武器を渡し、彼にその強さを証明するよう要求したのである。

その後、エグザ・キューンがダントゥインを去った後、メイト(恋人)のシルヴァーとともにマスター・バスから更なる訓練を受けたとき、このキャサーのジェダイは自身の成果を誇りにしていた。クレイドの願望は、シルヴァーと結婚し、キャサーの故郷に帰って同胞たちの中で有名になることだった。

しかし、エグザ・キューンがシスの知識を求める旅から帰還したとき、クレイドはこの人間に再び感動を覚えた。クレイドは、エグザ・キューンがジェダイたちに語った、新しいジェダイの教義という展望に信頼感を持ったのだった。キューンに従ってヤヴィンIVに赴いたほかのジェダイと違い、クレイドはエグザ・キューンがシス・ホロクロンを破壊した際、とき放たれたシスの精神に取り付かれなかった。それでもクレイドは自らの意思でキューンに従い、彼に完全に忠実でいた。クレイドはキューンの指示を遂行するためならば、かつてのメイトの命さえ奪おうとした。しかし、任務に失敗してシルヴァーに近づいたとき、彼女から否定されたクレイドは、落胆してキューンのもとへと逃げ去っていった。クレイドの熱意はやがて自身の破滅を招いた。エグザ・キューンは彼を使い捨てることに決め、このかつてのライバルを自殺的な任務へと送り出したのだった。

制作の舞台裏

クレイドはコミック・ブック・シリーズの『Tales of the Jedi』に登場したキャラクターである。ライターのケヴィン・J・アンダースンによってつくりだされたクレイドは、『Tales of the Jedi: Dark Lords of the Sith 1: Masters and Students of the Force』で初登場を果たした。邦訳書籍において、クレイドは『スター・ウォーズ・エンサイクロペディア』や『スター・ウォーズ クロノロジー』、『スター・ウォーズ 全史』で紹介されている。

登場エピソード

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはクレイドに関する7枚の画像があります。
  • Tales of the Jedi: Dark Lords of the Sith (初登場)
  • Tales of the Jedi: The Sith War
  • Tales of the Jedi: Redemption (言及のみ)
  • Star Wars: Knights of the Old Republic II: The Sith Lords (言及のみ)

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。