FANDOM


クレヴ・ボンバーサ(Crev Bombaasa)は人間男性で、輸送会社の重役である。彼は洗練されたアートを好む教養のある人物であったが、裏ではビジネスの競争相手に暴力的な攻撃を加え、警察に多額の賄賂を払ってもみ消すという悪事に手を染めていた。

経歴

帝国時代人間男性のクレヴ・ボンバーサは輸送会社で重役を務めていた。彼はコア・ワールド惑星コレリアでビジネスの競争相手に暴力的な攻撃を行い、地元の警察に多額の賄賂を支払うことで調査の目を逸らしていた。しかしコレリアに銀河帝国がやってきたせいで仕事が以前にも増して困難になったため、ボンバーサはアウター・リム・テリトリーで新しい拠点になりそうな場所を探すことに決めた。[1] 13 BBYコレリアンハンキーラレディプロキシマのもとを抜け出してコロネット・シティにやってきた時[2]、ボンバーサもまさにコロネット宇宙港から惑星を出ようとしているところだった。[1]

個性と特徴

クレヴ・ボンバーサは人間の男性で、肌は白く、は茶だった。ボンバーサは洗練されたアートを好む教養のある人間だったが、ビジネスのライバルに対して暴力的な攻撃を行う冷酷な一面もあった。13 BBY当時、ボンバーサは紺色のの上にゲイバーウール製のダークグレーのマントを羽織り、位置情報を知らせるトランスポンダーが付属したステッキを持ち歩いていた。また、彼はエリート・ステータスを示すトランジット・タグを首から下げていた。[1]

制作の舞台裏

クレヴ・ボンバーサの初出は、ウエスト・エンド・ゲームズ社から発売されたスター・ウォーズ レジェンズのロールプレイングゲームである。『未来への展望』、『ジェダイの失墜』、『統合』など、クレヴ・ボンバーサが登場するレジェンズの小説作品はいずれも翻訳されている。レジェンズでのボンバーサは強大なカルテルを指揮する犯罪王であり、ユージャン・ヴォング戦争で主人公たちの味方につく。

正史設定では、2018年公開の映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で初登場を果たした。本作の設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』(パブロ・ヒダルゴ著)で初めて名前が明かされた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。