Fandom


クロディット(Crodit)はドゥウニ男性で、パイク・シンジケート奴隷である。帝国時代、兄弟のブラウズとともに惑星ケッセルにあるスパイス鉱山で働かされていた。クロディットとブラウズはその小さな体を活かし、他の者たちでは入れない狭い場所でも仕事をすることができた。奇妙にも、この兄弟は奴隷でありながら自分たちの仕事を楽しんでいる様子だった。[1] 10 BBYトバイアス・ベケットクルーがケッセルにやってきたことがきっかけで奴隷の暴動が発生した際[2]、ドゥウニの兄弟はポータブル・ドリル・ユニットを使って鉱山で働いていた。また、クロディットは黄色の粉塵で汚れた茶色のローブを身に着け、空気コンプレッサー・パックを背負っていた。[1]

制作の舞台裏

クロディットは2018年公開の映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。同作の設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』(パブロ・ヒダルゴ著)で初めて名前が明かされた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。