Fandom


Stealth ship cloaking

クローキング装置を起動したステルス・シップ

「突然出現したぞ! クローキング装置か!」
―<シミター>を目撃した海賊[出典]

クローキング装置(Cloaking device)はスターシップを不可視状態にするテクノロジーである。

概要

クローキング装置は物体をほとんど全ての検知方法から不可視にすることができた。[1] 実験的なスターシップ・テクノロジーである[2] クローキング装置を使えば、気づかれることなく敵船の間を通過することができ[3]、普通のスキャナーではまず検知されることはなかった。しかし人工的に生成された重力井戸であるインターディクション・フィールドの中ではステルス・テクノロジーが作用せず、発見されやすくなった。クローキング装置にはハイブリディウムスタイジアム・クリスタルなどの物質が動力源として使用された。[4]

歴史

共和国時代

シス卿ダース・モールが所有したリパブリック・サイナー・システムズ社製改造型スター・クーリエシミター>にはクローキング装置が搭載されていた。[5] ナブー危機以前、ケラックス星系トレード・フェデレーションスターシップ海賊団に襲撃された時、モールはダース・シディアスの命令で現地に駆けつけ、クローキング装置を起動した<シミター>で海賊を奇襲した。<シミター>は姿を隠したままプロトン魚雷オーブ=ウイングを1機撃墜し、その後は装置を解除して残る海賊船を片付けた。[6]

クローン戦争以前、トレンチ提督はクローキング装置を搭載したクルーザーと戦ったことがあった。彼は追尾魚雷を用いた戦術でこのクローキング・シップに勝利した。[7]

StealthShip-ChristophsisMoon

姿を隠したステルス・シップ

クローン戦争中、銀河共和国エンジニア[8] 実験的なスターシップ・テクノロジーを用いて[2] クローキング装置を搭載した重武装船“ステルス・シップ”を開発することに成功した。[1] 22 BBYジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカー独立星系連合艦隊によって封鎖された惑星クリストフシスの地上に釘付けになっているベイル・オーガナ元老院議員に補給物資を届けるため、ステルス・シップに乗ってヴェネター級スター・デストロイヤーネゴシエーター>から出撃した。しかしスカイウォーカーは途中で作戦を変更し、トレンチ提督のプロヴィデンス級キャリアー/デストロイヤーインヴィンシブル>に攻撃を仕掛けた。トレンチは以前と同じく追尾魚雷で見えない敵に応戦しようとしたが、スカイウォーカーは魚雷を引きつけながら<インヴィンシブル>のブリッジに受かって飛行し、紙一重で衝突を回避した。<インヴィンシブル>は自艦から放った魚雷でブリッジを破壊され、スカイウォーカーは無事に補給物資を地上へ届けた。[7]

Scimitar cloaking SoD4

クローキングされた<シミター>

クローン戦争中、デュロス賞金稼ぎキャド・ベインシスの暗黒卿ダース・シディアスの依頼を引き受けた際、クローキング装置を搭載したローグ級スターファイターザナドゥ・ブラッド>を与えられた。[9] 19 BBY、シディアスはかつてモールの宇宙船だった<シミター>のクローキング装置を使い、検知されることなく惑星ダソミアを訪れた。彼はグリーヴァス将軍とともにダソミアでダース・モールマザータルジンと戦い、タルジンを倒すことに成功した。[10] またアサージ・ヴェントレスクインラン・ヴォス救出するため、クローキング装置を搭載したランサー級追跡船バンシー>でアナキン・スカイウォーカーとオビ=ワン・ケノービドゥークーのプロヴィデンス級キャリアー/デストロイヤーへ運んだ。[3]

帝国時代

「消えるはずがない。あんな小さな船にクローキング装置があるはずがない」
ロース・ニーダ[出典]

グランドモフウィルハフ・ターキンが個人的に所有したコルベットキャリオン・スパイク>には、クリストフシスで使われたステルス・シップを基にしたクローキング装置が使われていた。[4] また帝国宇宙軍ロース・ニーダ艦長によると、<ミレニアム・ファルコン>ほどの小規模な宇宙船がクローキング装置を搭載していることはまず無かった。[11]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。