Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

2 BBY、雪の惑星クローネストにて、マンダロリアンレン氏族および反乱者と、ガー・サクソン総督率いるマンダロリアン・スーパー・コマンドーのあいだに戦闘が発生した。レン氏族を率いるアーサ・レン女伯爵の娘で、反乱軍のメンバーであるサビーヌ・レンジェダイ・ナイトケイナン・ジャラスパダワンエズラ・ブリッジャーを連れてクローネストに戻ったことがきっかけとなり、それまで銀河帝国に服従していたレン氏族の立場が揺らいだ。“皇帝の手”としてマンダロアを支配していたサクソン総督は、サビーヌだけでなくレン氏族全体を反逆者と決めつけた。しかし、彼のスーパー・コマンドー部隊はレン氏族やジェダイの返り討ちに遭って敗北する。サビーヌはクローネストの氷結した湖の上でサクソンとの一騎打ちに臨み、勝利を収めた。サクソンの後、ジェダイは反乱運動に戻ったが、サビーヌは一族のもとに留まり、マンダロリアンの指導者の象徴であるダークセーバーを使って故郷を再統一するための内戦に身を投じることになった。

背景

Trials of the Darksaber

ダークセーバーの使い方を学ぶサビーヌ

帝国時代マンダロリアンの主要派閥のひとつだったレン氏族は、銀河帝国の家臣として惑星マンダロアを統治していたガー・サクソン総督に忠誠を誓った。レン氏族を率いるアーサ・レン女伯爵の娘、サビーヌは、マンダロア帝国アカデミーに入学して士官候補生となったが、自分が設計に携わった兵器がマンダロアの民に対して使用されたことを知ると、アカデミーから脱走した。その後、彼女は帝国に対して反乱運動を展開していたスペクターズ反乱分子のメンバーとなる。

サビーヌの行動は、サクソン総督に対するレン氏族の立場を危うくした。サクソンはサビーヌの父親アルリック・レンをマンダロアで人質に取り、サビーヌの兄であるトリスタン・レンを配下のインペリアル・スーパー・コマンドーに加えた。アーサ・レンは雪の惑星クローネストにある拠点で氏族を統治し続けることを許されたが、家族を人質に取られている状況で、サクソンに忠誠を誓う以外の選択肢は残されていなかった。娘の身に危険が及ぶことを恐れたアーサは、あえてサビーヌの捜索を行わなかった。

2 BBYコンコード・ドーン第3衛星でサビーヌと遭遇したサクソンは、彼女をスーパー・コマンドーに引き込もうとした。しかしサビーヌは総督の要求を拒否し、反乱者の仲間やジャーニーマン・プロテクターフェン・ラウの助けを借りて逃げ出した。その後、サビーヌは惑星ダソミアダークセーバーを入手する。ダークセーバーは古来よりマンダロリアンの支配者のシンボルだったが、クローン戦争中に一時的にマンダロアを統治した元シス卿モールによって、ダソミアの砦に保管されていたのである。ジェダイ・ナイトケイナン・ジャラスやラウに促され、サビーヌはマンダロリアンの民を反乱運動に引き込むべく、ダークセーバーの扱い方を学んだ。

戦闘

帰郷

Ursa and Sabine on Krownest

母親の前でダークセーバーを起動するサビーヌ

サビーヌとケイナン、パダワンエズラ・ブリッジャーアストロメク・ドロイドチョッパー、フェン・ラウは、シャトルファントムII>でクローネストへ向かった。惑星の大気圏に入った後、サビーヌは家族と連絡を取ろうとしたが、通信は妨害されていた。<ファントムII>はトリスタン・レン率いるジェットパック兵士の部隊に迎撃され、エンジンに損傷を負う。反乱者たちは止むを得ずシャトルを雪に覆われた森林へ不時着させた。サビーヌとエズラ、ケイナンはラウとチョッパーをシャトルに待機させておき、船外に出てマンダロリアン戦士と相対した。エズラがライトセーバーを起動したため短い銃撃戦が発生したが、トリスタンが妹の存在に気づき、部下たちに発砲をやめさせた。

サビーヌ、ケイナン、エズラはレン氏族の拠点へ案内され、アーサ・レンと対面する。アーサは娘との久しぶりの再会にも喜ぶそぶりを見せず、部下の戦士たちに訪問者を拘束するよう命じた。しかしサビーヌは母親と会話するチャンスを作るためダークセーバーを起動してみせた。戦士団の指導者のシンボルを目にしたアーサは、仕方なく彼女たちと話し合いの場をもつことに同意したが、ジェダイにライトセーバーを預からせるよう命じた。建物の大広間に移動した後、アーサはサビーヌが過去に犯した行動の重大性を説き、帝国やサクソン総督から氏族を守る必要があると説明した。プロテクターがサクソンに滅ぼされた件について議論を交わした後、アーサは一対一で会話するため娘をバルコニーへ連れ出した。

2人きりになった後、アーサは父親や氏族の運命を危険にさらした娘を責めた。また、ダークセーバーを入手した経緯を聞いたアーサは、本来の持ち主から決闘で勝ち得たものでない以上、サビーヌに正当な所有権は無いと告げた。アーサが一族の安全を第一に考え反乱運動への参加を拒絶すると、サビーヌは一族のあり方よりも政治を重要視している母親の姿勢を非難した。その後、トリスタンがバルコニーに現れ、サクソン総督からホログラム通信の呼び出しがかかっていると告げたため、2人の会話は中断された。アーサがサクソンと会話するあいだ、サビーヌとトリスタンは棒術のスパーリングで時間をつぶした。

敵から味方へ

Sabine vs Saxon

サクソンを破ったサビーヌ

サクソン総督はジェダイのケイナンとエズラを逮捕するため自らクローネストへ向かう旨を伝え、レン氏族に関しても悪いようにはしないと告げた。アーサは娘や家族の身を守るためなら、娘の仲間を帝国に引き渡すのも止む無しと考えていた。アーサとサクソンは知らなかったが、この会話はフェン・ラウによって盗み聞きされていた。ラウはレンの拠点に忍び込み、ケイナンとエズラのライトセーバーを取り戻す。その後、ケイナンはレン氏族と反乱軍の同盟結成に向けた話し合いをするため、アーサとの面会を求めた。帝国とのトラブルを恐れていたアーサは、サビーヌが以前にサクソンと対立していたことをエズラの口から知らされ、ショックを受ける。

それからしばらくして、サクソンとインペリアル・スーパー・コマンドー部隊がレンの拠点に到着した。アーサはジェダイの師弟を部下に包囲させ、サビーヌのダークセーバーをサクソンに引き渡した。しかし、サクソンはアーサとの約束を破り、サビーヌだけでなく一族全員を反逆者とみなした。トリスタンはサクソンと家族のうちどちらかを選ぶよう迫られたが、家族への忠誠を選び総督にブラスターを向けた。銃撃戦が始まる直前、ラウがジェットパックで大広間に乱入し、ジェダイにライトセーバーを投げ渡した。

戦いが始まると、レン氏族のマンダロリアンはジェダイやラウの助けを借りてサクソンのスーパー・コマンドーを破った。サビーヌはエズラのライトセーバーを受け取ってサクソンからアーサの身を守り、一対一の決闘に臨む。2人は拠点の隣にある氷結した湖の上でセーバーを交えた。サクソンはジェットパックで優位に立とうとしたが、サビーヌはヴァンブレイスに内蔵された小型携帯式シールドで攻撃をかわし、敵のジェットパックを破壊して戦いの条件を対等にした。最終的にサビーヌはダークセーバーを奪い取って決闘を制し、サクソンの首の前で2本の刃を交差させた。しかしサクソンは降伏を拒否し、マンダロリアンの伝統に従い自分を殺すよう迫った。サビーヌが止めを刺さずに背を向けると、サクソンは彼女を後ろから撃ち殺そうとしたが、アーサが先にブラスターの引き金を引き、サクソンを倒した。

その後

Departure from Krownest

反乱者のシャトルを見送るサビーヌ

クローネストの任務の結果、サビーヌは母のアーサ、兄のトリスタンとの関係を修復した。サビーヌは反乱運動には戻らず、当面はクローネストに留まり、マンダロリアンの再統一を目指すことになった。また、フェン・ラウも同胞のもとでサビーヌやレン氏族を手助けすることに決めた。エズラ、ケイナン、チョッパーはレン氏族とのあいだに暫定的な同盟関係を結んでクローネストを去っていった。サビーヌとフェンは、サクソンの死によって発生した権力の空白を利用し、マンダロリアンをまとめ上げて反乱運動に参加させるつもりだった。しかし、サビーヌは自ら民を導こうとは考えておらず、マンダロアのために真の指導者を見つけたいと考えていた。

登場エピソード

参考資料

初期反乱運動
銀河系のタイムライン

前:クローン戦争

同時期:ジェダイの粛清 · ジェダの反乱 · マンダロリアン内戦 · ライロスの反乱

次:銀河内戦

銀河帝国に対する初期反乱運動の戦い
18 BBY ラーダ
5 BBY 帝国尋問ドロイド破壊任務 · 帝国補給船団の襲撃 · ロザル飛行場
キャピタル・シティ · ケッセル · ガレル・シティ宇宙港 · コザル
スティジョン・プライム · ロザル・アカデミー · 輸送船団
4 BBY カラー · ラーン · シーボ · 旧共和国元老院ビル · ジャラース
帝国通信センター · ムスタファー · シールド発生装置強奪任務
ロザル包囲戦 ロザルの任務 · フェニックス戦隊 (I) · シーロス
アブサンズ · アイバー · スラッド · ガレル(I) · インターディクター
3 BBY フェニックス戦隊(II) · インヴァー · ガレル(II) · ロザル補給基地
コンコード・ドーン(I) (II) · リラ・サン · ガス精製所
ライロス(I) · 帝国建造モジュール · フェニックス戦隊(III)
2 BBY ナラカ · ヤルマ · テラロフ · モントロス · ライロス(II) · アガマー
コンコード・ドーン(III) · マイカポ · ロザル(II) · ジオノーシス · チョッパー基地
クローネスト · キメラ · アーキオン星雲 · キルン・ステーション · アトロン
1 BBY マンダロア · ジェリンディ · フェイオス・ステーション · ロザル(III) (IV) (V)
ロザル・ジェダイ・テンプル · ロザル(VI)
0 BBY ウォバニ · カフリーンの環 · フラクチャー作戦 (ジェダ(I) (II) · イードゥー)
関連記事
銀河帝国 · ジェダイ · 反乱同盟 · シス
  [Source]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。